国内

世界一清貧のウルグアイ前大統領 家は使用人より粗末だった

 南米のとある小国のリーダーの演説をまとめた絵本が、日本でベストセラーになっている。日本とは環境が全く違う地球の裏側にある発展途上国の大統領が発するメッセージは、なぜ現代日本人の胸に響くのか。

 絵本のタイトルは『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(汐文社刊、くさばよしみ・編、中川学・絵)。昨年3月に初版3000部で発売し、増刷はあったものの今年2月まで累計1万部程度の売り上げだった。

「ところが絵本の内容がネットで話題になり、テレビの情報番組で取り上げられると一気に広がった」(汐文社社長・政門一芳氏)

 瞬く間に増刷を重ね、現在は7万5000部。売れ行きは依然衰えないという。

“世界でいちばん貧しい大統領”とは、去る3月1日に退任したばかりのウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領のこと。同書は2012年6月20日、国連の「持続可能な開発会議(リオ+20)」で彼が行なった演説の内容をそのまま絵本にしたものだ。

 演説が人々の胸に響いたのは、ムヒカ氏自身が「清貧」を地でいく大統領だったからだ。ムヒカ氏は1935年生まれ。1960年代からゲリラ活動に参加し、4度の逮捕(うち2回の脱獄)を経験する壮絶な半生を送った。

「1972年に逮捕された後は軍事政権下で13年もの間“人質”として収監され、過酷な扱いを受けてきました。

 1984年の民政移管の後、1985年に恩赦され、1994年に下院議員に当選。2005年には中道左派のバスケス政権で農牧大臣に就任しました」(ウルグアイ事情に詳しい和歌山大学教授の内田みどり氏)

 そして2009年11月の大統領選挙で勝利し、2010年3月に大統領に就任した。元駐ウルグアイ大使の竹元正美氏はムヒカ氏の人となりをこう話す。

関連キーワード

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト