国内

佳子さまの美女同級生「私達が守らないと」と佳子さま会結成

 国際基督教大学(ICU)に入学された秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。4月2日の入学式後には、ほかの新入生たちと同様に各サークルからの勧誘を受けたという。しかし、佳子さまをガードするかのようにその周囲には、女の子たちがいた。

「目を引いたのが佳子さまを取り巻いていた女の子たちです。みんなかなり美人で、オシャレな感じでした。佳子さまと同じような巻き髪スタイルの子や大ぶりのゴールドのピアスをつけた子、そしてシャネルのバッグを持った子までいました。

 華やかな雰囲気もあって、佳子さまのグループは、数多くのサークルから声をかけられていましたね。そんな様子に彼女たちは“私たちが(佳子さまを)守っていかないと”なんて話していて、佳子さまは嬉しそうに笑顔を浮かべていらっしゃいました」(目撃した新入生)

 だが、どうして入学初日にもかかわらず、こんな仲良しグループができているのか。

「佳子さまは、入学式前のAO入試合格者対象のオリエンテーションに出席されていて、そのときに知り合った子たちと親しくなられたようです。佳子さまの壁を作らない気さくな性格もあって、2回目のオリエンテーションのときには、すでに仲良しグループになっていましたから」(ICU関係者)

 こうして“佳子さま会”は結成されたようだ。

※女性セブン2015年4月23日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン