• TOP
  • ビジネス
  • ペヤング復活怪しむ声出るが「6月に首都圏販売再開」は事実

ビジネス

2015.04.14 16:00  週刊ポスト

ペヤング復活怪しむ声出るが「6月に首都圏販売再開」は事実

 2014年12月の「ゴキブリ混入事件」から約5か月。まるか食品(群馬県伊勢崎市)が製造する即席麺「ペヤングソースやきそば」が6月上旬に販売再開される。

 販売再開にファンがアツい。例えば、フェイスブック上に170人以上のメンバーを抱える「全日本ペヤング愛好会」なるコミュニティが存在する。メンバーは自らを「ペヤンガー」と称し、「ペヤングの集い」というひたすらやきそばを食べるパーティーを開催。中には、英国・ロンドンから駆けつけるメンバーもいた。

 販売再開の情報については不安もあるようだ。同会代表の奥山祐治氏が語る。

「1月初旬にも『ペヤングが復活する』というニュースが報じられ、それを信じたペヤンガーの中に、『これで心置きなく食べられる』と喜んで買い置きを食べつくしてしまった人が続出したのです。が、それは誤報だった。在庫をなくしたペヤンガーたちは今か今かと再販売を待ちわびています。今回の復活情報も報道先行で会社側からの正式発表ではなかったため、本当なのかと怪しんでいる人がいるのも事実です」

 ご心配なく。まるか食品は本誌取材に「6月に首都圏から販売を再開する」と公式に回答した。

※週刊ポスト2015年4月24日号

関連記事

トピックス