芸能

舞祭組 「中居さんがいなかったら、芸能界から消えてたよ」

 SMAPの中居正広が、グループの命名や作詞・作曲などトータルプロデュースを手がけているユニット・舞祭組(ブサイク)。そもそもKis-My-Ft2の“前3人”に比べ圧倒的に露出の少なかった“後ろ4人”に脚光を当てて“格差”をなくそうと試みたプロジェクトだった。

 その計画はまんまと奏功し、露出も増え、北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太の3人に負けないくらいの活躍を見せている。第3弾シングル『やっちゃった!!』(発売中)もリリースされ、今や目が離せない4人。期待を裏切らない彼らが座談会を開催してくれた。

二階堂高嗣:第3弾のシングルが出せたこと自体が舞祭組としては嬉しかったよね。

千賀健永:第2弾のシングルが発売になった時に、いろんな歌番組出させていただきながらも、第3弾があるのかな…って常に気になってたからね。崖っぷちにいる感じだもんね。

横尾渉:だから第3弾が決まった時は本当に嬉しかった。

宮田俊哉:嬉しかった。でもやっぱり前の3人には勝てないって思うこと、あるよね…。

千賀:ライブやってても、明らかに玉森のうちわしか見えないもん。

横尾:コンサートの時、オープニングでメンバーの顔写真が出た時の、歓声が違うんだよね。

二階堂:玉森の歓声ね。

千賀:スタンバイしながら下で聴いてて、今日はこんな感じなんだ…って。

横尾:その写真も普通にイニシャル順に出せばいいのに、藤ヶ谷、玉森に続いて二階堂が来て、パンチが足りないんですよ。

二階堂:バランスよく組み込まれてるな…って。

横尾:1人に対してぼくらやっと4人で対抗してるんですよ。

宮田:好きっていってくれるのもLOVEじゃなくてLIKEなんですよ。嫌いじゃないって人もいるんだよね。

二階堂:まっ、いいんじゃない?って人がね!

横尾:本当に中居さんには感謝ですよね。

二階堂:頭が上がらないね。

千賀:中居さんがいなかったら、芸能界から消えてたよ。

二階堂:どうなってたかわからないね。

横尾:リアルにフェードアウトしてたと思う。

千賀:フェードアウトアイドルだよね。

横尾:そして、この4人の中の誰かがマネジャーやってたんじゃないかな。

千賀:スケジュール管理してたりして。

宮田:だからスーツ着てるのかな(笑い)。

二階堂:この先紳士服のCM狙いたいよね。

千賀:後輩がやってるよね…。

横尾:取られた!と思った。そこ、なんで舞祭組に来ないんだって。

二階堂:他にもメーカーさんはあるから…。

宮田:でも、おれらが着ると良く見えないんじゃない?

二階堂:扱い方最低だからね!

千賀:寝っ転がったりしちゃうし。

横尾:丈夫だっていうのを売りにすればいいんじゃない?

二階堂:破れないとかさ~。

横尾:何年も着られますよ!的な。

宮田:確かにそれだったらいけるよね!

千賀:第1弾からずっと同じスーツを着てるわけですからね!

二階堂:タイアップがきてもいいですよね。

横尾:そうやっておれたちはこれからも闘っていきますよ!

※女性セブン2015年4月23日号

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン