ライフ

工藤美代子が語る 宇野千代は100年程時代を先駆けた人

【話題の著者に訊きました】『恋づくし――宇野千代伝』(工藤美代子・著/中央公論新社/1863円)

「2年半ほど前に、知り合いの女性編集者が大失恋したんですね。生きるか死ぬかの大騒ぎだったので、宇野さんの随筆にあるように、『泣くだけ泣いたら、綺麗にお化粧して一番いい服を着て、誰でもいいから会いに行きなさい』と彼女に本をすすめたんです」(工藤さん・以下「」内同)

 宇野千代について書きたい気持ちは前からあったので、それを機に作品を再読、自伝『生きて行く私』の、何度男に裏切られてもまた立ち上がる姿に感銘を受けたという。この人が書いていることがどこまで本当なのか知りたい、というノンフィクション作家としての興味もあった。

 歴代の男たち、作家の尾﨑士郎や北原武夫、画家の東郷青児が書いた文章と、宇野の自伝には少しずれもあるそうだ。

「最初の夫と気持ちよく別れた、と彼女は書いているけど、尾崎士郎の小説を読むと、夫は北海道から東京に出てきてしっかり嫌味を言っているんです。彼女が『関係を持たなかった』と書いている梶井基次郎についても、尾崎は煙草を投げつける決闘場面を書いています」

 男から見た宇野千代像が非常に頭が良い理詰めの女性になる、というのも面白い。彼女自身、決して作品の中で見せなかった姿である。

「男たちは、裏切った自分が悪いとわかっているから、よけいにそう思ったのかもしれませんね。千代さんはいつも愛情の大盤振る舞いで、おいしいものを食べさせ、高い着物を買って着せ、いい家を建ててあげる。それなのに、無名で貧乏だった男が、立派な芸術家として世間に認められ、お金も入ってくるようになったとたんに若い女と一緒になって子供を産ませるんですから」

 去った男を追わない。こんなに愛したのだから、相手にも同じだけ愛情を返してほしい、そんな損得勘定とは無縁の人生だった。

「気前がよくて、懐が深い。与えることの好きな人。千代さんの生涯を追いかけて、結局、私ってけちな人間だったんだなって思い知りました(笑い)」

 フィクションで書くか、ノンフィクションで書くか迷ったが、興味を持った相手と「寝る」ことで関係を始めた彼女の人生で、いちばん大事な「性愛」の場面を描くことに重点を置くため、今回は小説として描くことを選んだ。

「写真を見てもわかりますけど、千代さんってものすごくきれいで色っぽくて、自分に自信もあったと思うんですね。今はようやく中高年の女性もセックスについて普通に話せるようになってきましたけど、宇野千代は、100年ぐらい時代の先を行った人なんです」

(取材・文/佐久間文子)

※女性セブン2015年5月28日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン