• TOP
  • ライフ
  • 会計を割り勘「私はあまり飲み食いしてない!」と幹事に抗議

ライフ

2015.05.20 16:00  女性セブン

会計を割り勘「私はあまり飲み食いしてない!」と幹事に抗議

 倹約家といえば聞こえがいいが、ケチといわれると、なんだかあまり関わりたくないイメージ。群馬県に住む飲食業の男性Mさん(43才)は、奥さんがケチで困っているという。

 * * *
 ケチというレベルじゃない。妻(39才)はお金が出ていく話になるとワケがわからなくなるんだ。

 この間のオレの親戚の法事の時だって、「一緒に行く?」と誘えば「うん、行く」ってここまではふつう。けど、「御仏前に5000円包む」と言うと、みるみる目が尖ってきて「それ、おかしいわ」と言い張る。

 面倒だから「じゃ、オレの小遣いから出す」と言うと「そおお?」って、法事の席では誰よりも飲んで食べてたっけ。

 ママ仲間の飲み会に行けば「ひとり2030円の割り勘はおかしい。私はビール中生1、2杯と、から揚げと、サラダ少ししか食べてないのよ」と、幹事に文句をつけて、二度と誘われないし。

 オレの姉や、ご近所、パート仲間とも1000円単位の小金のことでモメて、次々と絶縁。

 そのくせ、大金はピンとこないらしく、オレが親からもらった株券は6年も行方知れず。「そのうち出てくるって」って、なんで笑っていられるんだ?

※女性セブン2015年5月28日号

関連記事

トピックス