芸能

日本と縁深い『スター・ウォーズ』新ヒロインはふなっしー好き

 5月中旬のある日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(41才)は、妻で元モデルの香那さん(31才)と東京・六本木ヒルズの展望台を訪れていた。併設されたギャラリーを見て回ったふたりは、風景をバックにツーショットを自撮りするなど仲むつまじい様子だった。

 展望台では『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が開催中。今年12月18日に、10年ぶりの新作となるシリーズ第7作『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』が公開されるのを記念して、あらすじや歴史、キャラクターの像や絵画が展示されている。

 実は以前から芸能界でもスター・ウォーズは大ブーム! 速水もこみち(30才)や木村カエラ(30才)、きゃりーぱみゅぱみゅ(22才)などがファンを公言しており、梨花(42才)や千秋(43才)は子供とともにグッズを愛用するなど大ハマリだ。

 同シリーズの魅力を、オネエ系映画ライターのよしひろまさみちさんはこう解説する。

「SF作品なので男性からの人気は根強いんですけど、ストーリーをザックリ言うと、“壮大な親子げんか”。善悪もハッキリしているので、女性にも受け入れられやすいんですよ。恋愛模様も描かれますしね。さらに、戦闘シーンでもグロテスクな部分は極力排除されていますから、子供に見せるのも安心で、2世代、3世代映画ともいわれています」

 そんな『スター・ウォーズ』だが、ジョージ・ルーカス監督(71才)が黒澤明監督(享年88)を敬愛していたことから、日本映画へのオマージュが散りばめられている。特に『隠し砦の三悪人』の影響は大きく、シリーズを通して登場するC-3POとR2-D2という2体のロボットは、同作に出てくる農民のデコボココンビがモデル。ダース・ベイダーも同作の主人公を演じた三船敏郎さん(享年77)からヒントを得ており、三船さんには出演オファーもあった。

 一方で、日本文化のほうからのオマージュ作品も。今年2月には、東京・EXシアター六本木で、市川海老蔵(37才)と中村獅童(42才)主演の歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』が上演された。獅童が演じるのは、宇宙からの悪の侵略者・駄足米太夫(だあしべいだゆう)。登場シーンでは三味線の音色でダース・ベイダーのテーマ曲が流れた。また、歌舞伎初出演となった加藤清史郎(13才)は不思議な力を使いこなす与駄(よーだ)に変身する役柄だった。

 また、新作のヒロインに抜擢されたのは新人女優デイジー・リドリー(23才)が、ふなっしーファンだという噂も。4月30日に来日して会見に登場した彼女の腕にはふなっしーデザインの時計が巻かれていたのだ。

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン