• TOP
  • 国内
  • 過酷な「ブラックパート」 パワハラや「デスノート」も存在

国内

2015.05.25 07:00  女性セブン

過酷な「ブラックパート」 パワハラや「デスノート」も存在

「ブラック企業」という言葉は長時間労働やサービス残業などを強要する企業を指すもので、10年ほど前から問題になり始めたが、今、働く主婦にも「ブラックパート」が問題になっている。

 サービス残業、強制シフト…ブラック企業の正社員にも負けないブラックパートの過酷さ。それに加え、パート主婦は、社員のストレス解消のため“パワハラ”の標的にされることもあるという。

「大手スーパーに勤務していますが、上司の男性が気に入らないおばさんパートを辞めさせようと、ひどい嫌がらせをするんです。ちょっとしたミスをすると、『ノートに自分の悪いところを書いて反省してください』と1冊のノートを渡される。しかもノートは休憩室に置かれているので、誰でも見ることができる。別名『デスノート』と呼ばれていますが、書かされた人は本当につらいです。上司は若い子がミスをしてもノートに書かせないので、本当に不公平。私たちは人間扱いされないのでしょうか」(50才・スーパー勤務)

 高齢化がますます進むなか、主婦の介護施設でのパートも増えてきている。介護施設勤務のA子さん(45才)は、20~30代の若い社員からパワハラを受けていると嘆く。

「資格がないので、『補助的作業』という名目ですが、体力的にキツい入浴の介助とか、汚物の片づけとか、つらい作業ばかりを押しつけられる。その間、若い社員の人たちはのんびりお茶を飲んでいる。年下から『入居者のかたにはきちんと敬語を使いなさい』なんてキツく言われると、本当に悔しくて…。時間通りにタイムカードを押して帰ろうとすると、『帰り時間だけはキッチリしているんですね』と嫌みを言われたり。社員って、パートを奴隷くらいにしか思っていないのでしょうか」

※女性セブン2015年6月4日

関連記事

トピックス