• TOP
  • 芸能
  • 能年玲奈の厳しい言葉に悩んだ担当マネ 昨春長期休養していた

芸能

2015.05.25 07:00  週刊ポスト

能年玲奈の厳しい言葉に悩んだ担当マネ 昨春長期休養していた

 2013年の朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクした能年玲奈(21)に「独立騒動」が取り沙汰されている。メディア露出が激減した能年に、いま何が起きているのか。

 週刊文春(5月7・14日合併号)は〈能年玲奈 本誌直撃に悲痛な叫び「私は仕事がしたい」〉という見出しで、6ページにわたって彼女が所属事務所(レプロエンタテインメント)から過酷な待遇を受けていたことを報じた。

 同記事は、誰の証言とは明示せずに、月給が「5万円」だった、『あまちゃん』(2013年4~9月放送)後に仕事を与えられずに干されていた、彼女が望んでいた映画『進撃の巨人』(今夏公開予定)の出演を事務所が断わった、さらに事務所社長による「パワハラ」発言の被害に遭ったなどと報じた。それに耐えかねた能年は事務所側に「辞めたい」と伝えたのだという。

 記事を読めば、「独立騒動」は能年が“ブラック職場”から逃げ出したがっていると受け取れる。しかし、事情を知る関係者に取材を進めると、ずいぶん違った側面が浮かび上がった。

 昨年4月、能年の担当マネージャーだったX女史が長期の休養に入った。

「彼女は過度なストレスから体調を崩し、会社に行けなくなってしまったのです。Xさんは、能年さんから投げかけられる厳しい言葉に悩んでいました」

 重い口を開くのは、X女史から「能年問題」で相談を受けてきた知人のA子さんだ。X女史は事務所の俳優部門を統括する総責任者を兼務していた。競争が激しい業界で長く働き、経験も豊富な彼女が出社できなくなるほどの「言葉」とは何だったのか。A子さんが語る。

「能年さんが変わったのは『あまちゃん』の放送が始まる直前の2013年春頃。それまでは天然キャラだったのに、撮影現場で事務所のスタッフを無視することが増えたそうです。Xさんが注意すると、“これが私の普通なんですけど!”と大声で返してきたそうで、Xさんは困り切った様子でした」

 X女史は、最初は慣れない長丁場の撮影にストレスを感じているのだと、むしろ心配していたという。ところが、「現場マネージャーが挨拶しても目を合わせなかったり、舌打ちをしたり、大声でマネージャーを非難したりすることが続いたそうなのです」(A子さん)。

関連記事

トピックス