• TOP
  • ライフ
  • 植松晃士「銀座の女性はエレガントで素敵なご婦人オーラ凄い」

ライフ

2015.05.27 11:00  女性セブン

植松晃士「銀座の女性はエレガントで素敵なご婦人オーラ凄い」

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんに美しく生きるためにアドバイス。今回は、銀座のご婦人方のファッションを分析します。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 日射しはうららか。街には花が咲き乱れ、1年でもっとも爽やかな風薫る5月。私は、毎年、この時期に数多くのファッションのトークショーをやらせていただいています。

 先日は東京・銀座の某有名百貨店で、トークのテーマは“大人のおしゃれについて”。しかし、さすが銀座ですね。

 街にはそれぞれ映えるファッションがあって、銀座のおしゃれといえば、やはり“華やかさと洗練”ではないでしょうか。

「コンサバで上品な、大人の余裕を感じさせるファッションで歩くと、街並みとしっくりきます」と話しつつ、あらためて会場を見渡すと、すでに実践なさっているかたのなんと多いこと。正直、驚きました。

 平均年齢は60才くらい。「人前に出るときは、身なりに気を使うのは当たり前」と考えている世代ですから、それぞれエレガントな装いを凝らしていて、“素敵なご婦人”のオーラがすごいんです。

 スカート率も高かったし、きれいな春色のお召し物が目に鮮やか。“枯れ木も山の賑わい”なんて失礼な言葉もありますが、どこに行くにもモノトーンの若い世代の集まりよりずっと華やか。

 会場が春一色に染まっていて、気がつくと話しているこちらも、とても幸せな気持ちになりました。

 そして、ここがポイントなのですが、人をこんな気分にさせることができるというのは、なんと素晴らしいことでしょう。

 実際、ファッションにはとても大きなパワーがあって、装い次第で、幸せな優しいオーラを周囲に漂わせることができます。と同時に、ファッションがオブラートになって、その人の「棘」を覆い隠してくれる効果もあります。

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス