スポーツ

女子ゴルフの男性キャディ処分騒動 背景に男女間の風紀乱れ

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は5月25日、藤田光里プロ(20)に「厳重注意」、帯同キャディの大江順一氏(36)に12日間(2試合開催期間中)の「職務停止」処分を発表した。

 理由は「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」のプロアマ大会(5月21日)に出場中の2人が、競技中に「大ゲンカしていた」というものだった。口論の後は大江氏のキャディ業務がおざなりになるなど、同伴したアマプレーヤーが、「ムードが悪かった」と協会に訴えたことを受けて処分が下された。

「原則、帯同キャディは選手の監督下に入るため、この件では藤田にも責任が生じる。キャディにだけ厳しい処分が下されたのは、同伴アマプレーヤーが“選手の態度は決して悪くはなかった”と証言したからですが、もともと協会が大江キャディを“要注意人物”と見なしていたからともいわれています」(ゴルフ誌記者)

 伏線は処分からさかのぼること1か月前、4月26日に行なわれた「フジサンケイレディス」にあった。

 最終ホールのバーディパットを決めてプロ初優勝を飾ると、藤田は涙を流しながら大江キャディの胸に一目散に飛び込み、大江氏が藤田を抱きしめて「よしよし」とその頭を撫でた。この行為に対して、LPGAの重鎮である樋口久子・協会相談役が激怒して、「キャディが選手を子供扱いしてはいけない」と、不快感を表明したのである。

 選手とキャディが口論したり、抱き合って喜ぶことの何がいけないのかと首を傾げるファンも少なくないかもしれないが、実はこれ、今年から「ルール違反」となる可能性が出てきたのである。

 LPGAのトーナメント規定にはキャディは「いかなる時でもエチケットとマナーを守り、他のプレーヤーに対して心配りを忘れない」とあり(第21条第20項)、今季から罰則が明文化された。違反した場合には選手に注意または罰金、キャディに職務停止または登録取り消しなどの処分が下される。大江キャディは、その適用第1号になったのである。

「明文化の背景には近年、女子プロ選手とキャディを含めた男性ツアー関係者との風紀が乱れていて、それに協会が神経を尖らせている事情があります。今回の藤田プロと大江キャディも、以前からその親密さが指摘されていて、“付き合っているのでは”と噂されていた。

 大人の男女だから恋愛は自由ですが、ゴルフは狭い世界だけに、深い関係になりすぎて周りに迷惑をかけることがある。実際、今回もプロアマに呼ぶような大事なお客さんからクレームを出されてしまったわけですし……」(LPGA関係者)

※週刊ポスト2015年6月19日号

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン