• TOP
  • 国内
  • 日本の中高年未婚男性の「不幸感」が突出しているのはなぜか

国内

2015.06.14 16:00  NEWSポストセブン

日本の中高年未婚男性の「不幸感」が突出しているのはなぜか

30~50代男女の不幸感

 日本の未婚男性の不幸感が既婚男性に比べて高いと話題だ。世界の社会科学者による国際プロジェクト「世界価値観調査」(2010~2014年)の調査結果から算出された不幸感が、日本の30~50代既婚男性が6.5%だったのに対し、未婚男性は43.5%にものぼったからだ。不幸感の算出をした武蔵野大学講師で教育社会学が専門の舞田敏彦さんも「反響が大きいですね」と驚いている。

「家族は専門外の分野ですが、まったくの好奇心からデータを調べてブログ記事にしたところ、PV数はふだんの10倍以上になりました。私自身が39歳独身で、周囲から『楽しいでしょう』『独身貴族だな』とよく言われるのですが、まったく実感がない。それが証明できました。

 記事への反応に不幸感については未婚との因果関係が逆、収入などの要素が大きいなどの意見があるように、単純に未婚とだけ結びつけるのは難しい問題です。それでも、不幸感のデータによって、最近の中年男性をとりまく、どんよりした空気の正体が見えてきたと思います」

 舞田さんが算出した不幸感とは、「あなたはどれくらい幸福ですか」という質問に対し「あまり幸福でない」「全く幸福でない」と回答した比率のこと。日本やアメリカなど23か国の30~50代の回答を男性既婚、男性未婚、女性既婚、女性未婚の4つのグループでそれぞれ比較した結果が表とグラフになってブログに掲載されている。

 記事がネットで拡散されると、未婚の中年男性への同情や共感とともに「日本人で『幸せですか』と聞かれて『幸せ』と答える人は少ない」と調査の有効性を疑う声もあがった。それに対し舞田さんは、既婚者と未婚者の差が大きいことがこのデータでもっとも注目すべき点だという。

関連記事

トピックス