• TOP
  • ライフ
  • 深海天丼 メギスやドンコを使用し口の中でとけるような食感

ライフ

2015.06.28 07:00  週刊ポスト

深海天丼 メギスやドンコを使用し口の中でとけるような食感

深海魚を使って作られた「深海天丼」

 静岡県沼津市の沼津港で獲れる深海魚は、トロール船で釣り上がることから“トロ魚”と親しまれてきた。
 
「さっぱりしてクセがないし、甘みがあっておいしい。一般の人にも知ってもらおうと、20年くらい前にメニューにしたんです」(魚重食堂2代目女将・辻輝代さん)

 同店ではメギスやのどぐろ(ドンコ)、アオメエソ、タカアシガニなどを料理する。刺身もあるが、9月下旬~5月上旬の期間限定メニューなので要注意。

 一番人気は深海天丼(1150円)。写真はメギスと、のどぐろ(ドンコ)を使用したもの。白身は柔らかく、口の中でとけるような食感。その日の仕入れ次第では、げほう(トウジン)が加わることもある。

■魚重食堂
住所:静岡県沼津市戸田303-5
営業時間:11~15時
定休日:火曜日、第2木曜日

撮影■浅野剛

※週刊ポスト2015年7月3日号

関連記事

トピックス