芸能

卒婚の落とし穴 朝丘雪路と津川雅彦の娘「二重介護」の嘆息

出歩く機会が減り周囲が心配しているという津川雅彦

「卒婚」――結婚という形を維持しながらも、夫と妻が互いに干渉せず、それぞれの人生を自由に歩んでいくという夫婦関係。過去に清水アキラ夫妻や加山雄三夫妻が明かし、ブームとなった「卒婚」だが、このブームの落とし穴にハマってしまったのが、朝丘雪路(80才)と津川雅彦(75才)夫妻のひとり娘である真由子(41才)だ。

「今さら大人なんだから自由にしたほうがいい。一緒に住まなくても、心はつながってるしね」(津川)

「もうこんな年ですから、今さら離婚はめんどくさいですからね」(朝丘)

 2008年末、津川が経営していた玩具事業で6億円もの負債を抱え、その返済のために、長年暮らしていた一戸建てを売却したふたり。それを機に別々に暮らすことを決めたが、それから7年の月日が経ち、それぞれの生活に綻びが生じ始めている。

「2年くらい前、突然、朝丘さんがセリフ覚えに苦労するようになり、どこか気力がないように見えるようになったんです。検査の結果下されたのは、“老人性うつ病”という診断だったそうです」(朝丘の知人)

 気持ちの浮き沈みが激しく、ましてや高齢の身。娘の真由子は母と同居し、つきっきりで面倒を看ることとなった。しかしそんな状況にもかかわらず、朝丘のそばに津川が寄り添うことはなかったという。

「津川さんは“通院には付き添ったりしている”と話していましたが、朝丘さんのご自宅まで行っている様子はありませんでしたね。“奥様やお嬢様はお元気ですか?”って聞いても、“妻も娘も自立した”と言うばかりで…」(津川の知人)

 朝丘と真由子が暮らす自宅マンションから車で30分以上も離れた借家で、独居生活をしていた津川。しかし、それもまた行きづまっているようだ。

「引っ越していらした7年前は、おひとりで犬を散歩させたり悠々自適な生活をおくってらっしゃいましたが、1年ほど前くらいから出歩くことも少なくなりましたね。洗濯物も干しっぱなしなことも多くて、みんな心配してましたよ」(近隣住人)

 そんな津川に手を貸したのは、やはり娘の真由子だった。

「昨年の暮れくらいから、真由子さんがよくこちらにやってきて、津川さんのお世話をしているようでした。それまで一度もお見かけしたことがなかったのですが、お父さんの現状を知って、通っているんでしょうね」(前出・近隣住人)

「卒婚」の結果、別々に暮らす両親の面倒を看ることを強いられることとなった真由子。そんな真由子に追い打ちをかけるように、朝丘の病状は悪化の一途をたどっているようだ。

「実は朝丘さんは老人性うつが進行していて、真由子さんのことがわからなくなってしまうこともあって、今はお手伝いさんの手も借りているそうです」(前出・朝丘の知人)

 真由子の嘆息は尽きない。

※女性セブン2015年8月13日号

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン