加山雄三一覧

【加山雄三】に関するニュースを集めたページです。

『幸せの料理帖 食べた人が笑顔になる それが最高の喜び』/加山雄三・著
【書評】『幸せの料理帖』“大人物”とはこの人のことか、生きるヒントもいっぱい詰まった加山雄三の料理本
【書評】『幸せの料理帖 食べた人が笑顔になる それが最高の喜び』/加山雄三・著/KADOKAWA/1870円【評者】香山リカ(精神科医)「大人物」という言い方はこの人のためにあるのか。この眺めるだけで心が満たされ…
2023.11.23 16:00
週刊ポスト
【動画】加山雄三「園遊会辞退」の苦渋決断 どんな事情があったのか
【動画】加山雄三「園遊会辞退」の苦渋決断 どんな事情があったのか
 11月2日に赤坂御苑で開かれた秋の園遊会。 約1400人の招待者が発表された中加山雄三さんの不参加の情報が駆け巡りました。 2019年11月に、軽度の脳梗塞を発症して入院。 2020年8月には、軽い小脳出血を引き起…
2023.11.04 16:00
NEWSポストセブン
「園遊会辞退」の苦渋決断加山雄三「園遊会辞退」の苦渋決断
加山雄三「園遊会辞退」の苦渋決断、どんな事情があったのか 事務所は「健康不安ということではありません」
「加山さんにも宮内庁から招待があったのですが、すでに出席を断ったそうです。今回の招待者の中では“目玉”になると言われていただけに、欠席の理由を巡って関係者がザワついています」(全国紙社会部記者) 11月2…
2023.10.29 07:00
女性セブン
「かたり」という独自の芸を築いた山田雅人(イラスト/佐野文二郎)
売りのなかった俳優・山田雅人が発明したハートのこもった“かたり芸”
 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、「かたり」という独自の芸を築いた山田雅人について…
2023.10.20 16:00
週刊ポスト
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
 この4月で創刊から60周年を迎えた女性セブン。その歴史は世間を賑わせた女と男の“愛の歴史”でもありました。女性セブンだから知る、女性セブンだけが知る珠玉のスクープを一挙公開する。(年齢はすべて当時のもの…
2023.05.03 11:00
女性セブン
昨年に続き「若者シフト」な出場歌手が並んだNHK紅白歌合戦(イメージ、時事通信フォト)
NHKは魂を失った? 紅白歌合戦の元チーフプロデューサーが語っていた「本当の意義」
 大みそかに放送される『第73回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表されると、SNSを中心に「若者に媚びている」といった批判が相次いだ。新人のK-POPグループやアイドルなど、10組が初登場の一方、演歌や歌謡曲の出場…
2022.12.30 11:00
NEWSポストセブン
2018年の第69回では桑田佳祐と松任谷由実が共演
黒柳徹子、宮沢りえ、桑田佳祐、松任谷由実…紅白歌合戦「もう一度観たい」名場面
 2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」といった批判が沸き上がった。視聴者は紅白に何を求めているのか──名場面を振り返ってみよう。【第19回(1968年)江利チ…
2022.12.26 19:00
週刊ポスト
「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成
読者が選んだ「実現したら最高な紅白歌合戦」タモリ司会、明菜と永ちゃんが歌リレー
「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」──2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、大きな批判が沸き上がった。ならば、理想の歌合戦を自分たちで決めようではないか! ということで、「週刊ポスト」読者1…
2022.12.24 07:00
週刊ポスト
ヒット曲をいくつも持つ谷村新司さん(写真/女性セブン)
名曲『昴』 2000回演奏したミュージシャンが紐解く、曲が持つ「特別な力」
 カラオケで歌いたい昭和の名曲たち。その魅力はどこにあるのか。ここでは、谷村新司『昴』、加山雄三『サライ』、村田英雄『王将』の3曲について紹介する。思わず居住まいを正す特別な力のある歌 読者から「若い…
2022.11.16 07:00
週刊ポスト
加山雄三さんがラストコンサートでサプライズ
加山雄三、ラストコンサートで妻が涙を浮かべた「たった2秒の最高のサプライズ」
 歌手生活61年目にして、年内でコンサート活動からの引退を表明している加山雄三(85才)が9月9日、最後のホールコンサートを開催した。会場には「若大将」の勇姿を見届けようと、約5000人のファンが集結。芸能界…
2022.09.14 16:00
女性セブン
色褪せぬ歌声でファンを魅了し続ける
加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ
 歌手生活60年超で、NHK紅白歌合戦の出場回数は17回。発表したアルバムは特装盤なども含めると76枚。主演映画のタイトルから「若大将」の愛称で親しまれてきた加山雄三(85才)が、9月9日に“ラストショー”のステー…
2022.08.10 07:00
女性セブン
様々な「バカ」について話した
毒蝮×木久扇対談「タチが悪いのは自分を上等に見せようとする利口バカ」
“おバカキャラ”で『笑点』の大喜利コーナーを沸かせる落語家・林家木久扇(84)。「バカになるほど愛される」という人生の本質を見つけた木久扇が、その生き方をまとめたエッセイ『バカのすすめ』(ダイヤモンド社…
2022.04.06 07:00
週刊ポスト
作詞家・岩谷時子の軌跡 越路吹雪を失った心の穴を埋めたミュージカルの世界
作詞家・岩谷時子の軌跡 越路吹雪を失った心の穴を埋めたミュージカルの世界
『愛の讃歌』(越路吹雪)、『男の子女の子』(郷ひろみ)など、数々のヒット曲を世に送り出した作詞家・岩谷時子(享年97)。どのような思いを詞に込めていたのだろうか。『愛の讃歌』を手がけてから70年目を迎え…
2022.02.22 07:00
女性セブン
本誌写真部
『愛の讃歌』から70年目 女性作詞家の草分け・岩谷時子の足取りをたどる
『愛の讃歌』(越路吹雪)、『男の子女の子』(郷ひろみ)など、数々のヒット曲を世に送り出した作詞家・岩谷時子(享年97)。どのような思いを詞に込めていたのだろうか。『愛の讃歌』を手がけてから70年目を迎え…
2022.02.20 07:00
女性セブン
『日本一の若大将』(1962年)(C)TOHO OC., LTD.
加山雄三の追憶「田中邦衛さんがいたから“若大将”は輝けた」
 その唯一無二の存在感で、時に朴訥な父親、時に狡猾なヤクザなど幅広い役柄を演じてきた俳優の田中邦衛さんが3月24日に亡くなった(享年88)。『網走番外地』『仁義なき戦い』『北の国から』はじめ多くの作品で活…
2021.04.17 16:00
週刊ポスト

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン