• TOP
  • 芸能
  • 山田孝之 将来は脚本家?に「クソみたいなものを書くかも」

芸能

2015.08.22 11:00  NEWSポストセブン

山田孝之 将来は脚本家?に「クソみたいなものを書くかも」

脚本家になるつもりは?に山田孝之の答えは

 山田孝之(31)主演のドラマ『REPLAY&DESTROY』(発売中)のDVD&ブルーレイ発売記念トークイベントに、山田と飯塚健監督(36)が登場した。

 同作は、飯塚監督がメガホンを取り、2011年に携帯電話向けドラマとして制作され、注目を集めた作品。2014年にキャストとスタッフが再結集し、連続ドラマ化され、TBS・MBS系列で放送されたものだ。

 内容は、男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す、日本一偉そうなフリーター・横山要とその仲間たちの日常を描く物語。山田は、主人公の横山を演じている。

 企画者としてもこの作品に関わっている山田は、「今回は勉強させてもらったようなもの。『こういうの、どうですか?』と、ちょっと案を出したくらい。これからたくさん勉強して、もっと面白いことをどんどんできるようになったらいいな、と。今回、その第一歩の場を与えてもらった感じです」と、語っていた。

 この日、山田は会場まで徒歩で来たそうで、「友達とそばを食べてきたんですけど、超暑くて買うものもないのに店に入って、買う振りをして1時間くらい涼んでいました」と明かしていた。

 さらに、プライベートでは、「渋谷区、目黒区にだいたいいます。どこにでもいるんですけど、気づかれないんですよ。髭があったりなかったり、髪を上げたり下ろしたり、メガネをかけたり…。わざとやっているんですけどね」とニヤリ。

 続いて、本編映像を見ながらのトークショーでは、我修院達也(64)と鳥肌実の共演場面が流れると、「このふたりが一緒にいるのを見て、がんばってきてよかった」とにっこり。

 そして、生涯白ブリーフしかはいたことのない高校生の湯島を演じる増田朋弥(18)が登場すると、「今日、増田がここに来てるって聞いたんだけど…」と、山田が会場を見回すと、会場から増田が登場する場面も。

 増田は自腹で商品を購入。参加権を手にやってきたそうだが、オーディション時に白ブリーフをはいていったという思い出話を披露した。

 横山が脚本を書くシーンがあるため、観客から「将来、脚本を書いてみたいか」と聞かれた山田は、「撮りたいものがあったら撮るし、書きたいモノがあったら書くと思うんですが、その才能があるかどうかはやってみないとわかりません。クソみたいなものを書くかもしれないし」と回答。

「楽しみにしています!」という観客からの声には、バツがわるそうに「はい…」と答えていた。

撮影■小彼英一

関連記事

トピックス