• TOP
  • 芸能
  • 猫侍 猫の名演技と脚本務めた北村一輝の情熱が面白さの秘密

芸能

2015.09.02 07:00  NEWSポストセブン

猫侍 猫の名演技と脚本務めた北村一輝の情熱が面白さの秘密

北村と猫の息がピッタリ(『猫侍 南の島へ行く』公式HPより)

 北村一輝演じる侍・斑目久太郎と白猫・玉之丞のコンビで評判の癒やし系動物時代劇『猫侍』。北村自身、「とんでもなくゆるい映画になっている」と語るこの作品は、テレビ&映画で人気を呼んでいる人気シリーズだ。第二弾公開直前、コラムニストのペリー荻野さんが面白さの秘密について綴る。

 * * *
 そんなわけで劇場版第二弾が9月5日に公開される『猫侍』。正式タイトルは『猫侍 南の島へ行く』である。キーワードは、バナナに謎の部族にパイレーツ…って、何っ!? 時代劇なんですけど一応?

 そもそも『猫侍』は、2013年にテレビ神奈川など各局で放送されたテレビシリーズ。家族を故郷に置いて江戸で職探しをする剣豪班目久太郎(北村一輝)が、暗殺するはずだった白猫玉之丞の可愛さに思わず、自分の長屋に連れ帰ってしまい、さまざまな騒動に巻き込まれるというお話。

 眉間にしわを寄せ、眉毛をつり上げた怖い侍が、「猫に気を許すとは」と言いながらも、ざるに丸まった猫を見つめて、ついついほわわんと癒されてしまう。独特のゆるい面白さで、北村一輝ファンはもとより、時代劇好き、猫好きを巻き込んで人気が上昇。江戸で猫派と犬派が対決するという信じがたい展開の劇場版第一弾も興行収入2億1000万円を記録するヒット作となったのだ。ここで気になるのは、手元にある公式リリースのこの言葉「これまでの動物映画の常識を覆した『動物+時代劇』企画」なるほど、これはジャンル的には動物映画だったんですね。侍の立場は…。

 先日、劇場版第二弾の詳細をチェックしてきた。仕事探しのため、土佐へ向かった久太郎と玉之丞。だが、謎の忍者に妨害されて、定期船に乗り損ね、仕方なく小舟で漕ぎ出す。嵐に巻き込まれ、クジラに飲み込まれた挙句に島に漂着。トロピカルムード満点の島では、謎の部族が白猫を神と崇めていた。そこに宝を狙う海賊が。でも、海賊が「北村一輝が好きで下心いっぱいの」LiLiCoって!

 まるでおとぎ話だが、興味深いのは、この作品の原案・脚本を北村一輝自身がしていること。もはや演技だけではおさまらない。『猫侍』への情熱はただならぬものがあるのだ。ひとりだったはずの忍者が何十人にも増えて見える忍術を使われて危機一髪の瞬間、「心の目で見よう」と目をつぶって刀を振るうものの、当然ながら、何も見えず的を外して焦る久太郎。足元では玉之丞がなんでもないように忍者の足のにおいをかいでいる。怖い顔のままカックンとなるシーンを演じ続ける北村一輝は、やっぱり面白い。

 新作でも猫の名演技が炸裂。久太郎のひざでまったりしたり、にゃーと鳴いたり、なんと島の黒猫と恋に落ちる?微妙なしっぽの動きまでしてのける玉之丞は、演技に磨きがかかっているとしか思えない。確かに前シーズンに写真集がベストセラーになった玉之丞役は、若手のさくらとベテランあなご、二匹の白猫が演じ分けているのだが、あなご(17歳)は、アフラックや花王トイレマジックリンなどのCM、大河ドラマ『平清盛』にも出演歴のある日本を代表する女優猫なのだ。

 そして、最後にびっくりしたのは映画の主題歌。これまた日本を代表するベテラン歌手が、自らの大ヒット曲を♪にゃ~にゃ~にゃにゃにゃ~と「猫侍バージョン」で熱唱するのである。しかも、思いっきりフルコーラス。オレの名曲がすっかり猫テイストになってもいい。そう思わせる何かが、このシリーズにはある。恐るべし、『猫侍』。