• TOP
  • 国内
  • 季節性インフル、鼻粘膜で増加 鼻の免疫弱いとかかりやすい

国内

2015.09.18 16:00  女性セブン

季節性インフル、鼻粘膜で増加 鼻の免疫弱いとかかりやすい

 秋風が吹く頃になるとよく出るのが、「インフルエンザの予防接種、受けた?」という話題。

「うちは子供とおじいちゃんだけ。私とパパはまあいいかな~と思って」なんて言っている場合じゃありません! インフルエンザを防ぐには“家族みんなで”が基本。その理由を感染症とワクチンの専門家がくわしく解説する。

 インフルエンザをはじめとする感染症でよくあるのが、「子供が学校でもらってきて、家族全員が順番に…」というパターン。

「誰か1人が寝込むと、家という閉鎖された空間に大量のウイルスがまきちらされます。その大量のウイルスに接触するため、『家族から感染すると重症化しやすい』と考えられています」

 こう話すのは、東京医科大学の河島尚志さん。でも、同じ環境にいても、うつる人とうつらない人がいるようだが。

「ウイルスに対する免疫力の強さには個人差があります。例えば、季節性インフルエンザのウイルスは鼻の粘膜で増えるので、その部分の免疫が弱い人はインフルエンザにかかりやすいのです。また、かかった後に重症化しやすいかどうかも、それぞれの免疫力の強さによって違いがあるのです」(以下、「」内は河島さん)

 インフルエンザが重症化すると、肺炎や気管支炎などの“合併症”が起きる場合がある。さらに、最近ではインフルエンザによる脳症で子供が死亡したり、重度の後遺症が残ったりする例もある。

「インフルエンザにかかってしまった場合、予防接種をした子もしていない子も、脳症の発症率は同じです。しかし、インフルエンザさえ予防できれば、インフルエンザ脳症で死亡したり、寝たきりやてんかんといった後遺症が残ったりすることはなくなります」

※女性セブン2015年10月1日号

関連記事

トピックス