• TOP
  • 国内
  • 川崎老人ホーム転落死 施設で働く現役職員が新たな内部告発

国内

2015.09.25 07:00  週刊ポスト

川崎老人ホーム転落死 施設で働く現役職員が新たな内部告発

 神奈川県川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入居中の高齢者3人が相次いで転落死した事件で、本誌は新たな重大証言を得た。

 Sアミーユ川崎幸町で働く現役職員・B氏(37)による内部告発である。B氏がこの施設で働き始めたのは昨年4 月。3件の転落死が起きた夜にいずれも当直を務め、後に窃盗で逮捕された介護職員のA氏(23)は、B氏の1か月後に入ってきた直近の後輩だった。

「Aも僕も未経験でしたが、人材紹介会社から“未経験者大歓迎の施設”と聞いて入りました。ただAは救急救命士の資格を持っていることもあり、施設内では当初、“期待の星”として見られていたんです。何かあった時に頼れる存在だっていわれていて」(B氏)

 A氏は1992年生まれ。横浜市内の高校を卒業後、医療系の専門学校に入学し、昨年3月、救急救命士の国家資格を取得した。だが、なぜか救命士の道には進まず、Sアミーユ川崎幸町で一般介護士として働き始めた。

 そして“期待の星”とされたA氏への評価は、相次ぐ事故を通じて“疑念”へと変わっていったという。

「Aは転落死で亡くなった方々のことについて、事故の直前に『そろそろやばいかも』と予言めいたことをいっていたんです。皆さん、まだ元気だったからとても不思議だったんですが、最初は“Aの第六感みたいなものかな”と思っていました」(B氏)

 昨年11月4日に85歳男性、12月9日に86歳女性、12月31日に96歳女性が施設の4階と6階から相次いで転落死。すべてA氏が夜勤中の出来事だったことで、A氏に疑惑の目が向けられることとなった。

 3人はいずれも要介護2~3だったが、とくに身長が150cm台しかない女性たちがどうやって高さ120cmの手すりを乗り越えたのかなど疑問点は多い。とりわけB氏が疑念を深めたのは3件目の事故だったという。

「3件目の入居者は、自分の部屋の609号室から601号室まで行って転落したんです。転落した入居者を発見したのはAで、601号室のナースコールが鳴ったのでAが部屋に行くと、窓が開いていて椅子が置いてあり、ベランダから下を見たら人影が見えた、と。でも、601号室の入居者は寝ていてナースコールを押していないといっていました」(B氏)

 さらに、B氏によれば、A氏が担当した入居者が亡くなった事例は、この3件だけではないという。

関連記事

トピックス