• TOP
  • 芸能
  • 高田純次があの散歩番組を継承 「実力は折り紙つき」と識者

芸能

2015.09.26 16:00  NEWSポストセブン

高田純次があの散歩番組を継承 「実力は折り紙つき」と識者

 9月28日から高田純次が街を歩く番組『じゅん散歩』の始まる。散歩番組ファンのコラムニスト・オバタカズユキ氏が放送開始前から熱く期待を込める。

 * * *
 この記事がアップされる予定の26日からすると明後日だ。ひさびさに楽しみなテレビ番組の放送開始がある。テレビ朝日で平日の 9時55分~10時30分放送の『じゅん散歩』である。9月28日(月)、高田純次の町歩き番組がいよいよ始まる。

 同局同時間帯といえば、なんといっても2006年4月から2012年5月まで放送されていた『ちい散歩』だ。ハンチング帽をかぶって、スケッチブックを入れたバックをぶらさげた初老の俳優・地井武男が、東京近郊のなんということのない町を訪ね歩き続け、散歩ブームの火付け役と呼ばれた。

 それ以前から、俳優座出身の演技派俳優として知名度のあった地井武男だが、あの番組でファンになったという人は実に多い。その人気のわけは、彼の人や風景を見る目線が自然だったからだ。「皆さん、最近、歩いてますかー?散歩っていいですよ。さぁ、散歩に出かけましょう!」という特に芸のないセリフから番組は毎回始まるのだったが、実際の地井も本格的に散歩をしていたらしい。撮影のない区間の長距離移動も車を使わず、自分の足で移動していたと言われている。

 俳優としては役作りが本格的だったわけだ。だけどというか、だからこそ番組内の地井武男には気負うところがまるでなく、視聴者は彼の興味の向くままに、一緒に町を歩く気分を味わえた。

 地井が急逝して、同番組枠は俳優・加山雄三に引き継がれたが、少なくとも私はめったに見なくなった。スター加山の町歩きは、なんだかローマの休日みたいで目線が市井の民のものと合わず、視聴者も彼と同化できないのである。あれはキャスティングがよろしくなかった。

 でもって、このたびその加山雄三が「80歳になるまでに設計している船を完成させたい」という、そう言ってのけてこそのスターだと納得値の高い理由により番組を“卒業”。番組スタッフらが熟慮の結果、後任として選ばれたのが高田純次だったのだ。

「絶世の二枚目スター」上原謙の息子で慶應大学卒業まもなく銀幕デビューした若大将から、アングラ劇団を経てお笑い界のスキマ産業的立ち位置をいつの間にか手に入れた「ミスター無責任男」へのシフトチェンジ。番組としては大転換を決意したわけだが、こんどのキャスティングは番組開始前から当たりだと断言して構わない。

 高田純次はずいぶん前から、ワイドショーやバラエティ番組のオマケ企画のようなコーナーであちこちの散歩仕事をこなしており、私の知る限り、その実力は折り紙つきなのだ。

 地井武男は、町の人にも河原の草花にもフラットに向き合う自然な目線が魅力だった。高田純次の場合も万物とフラットに接する態度が楽しいのだが、具体的には地井とまるで違う。

 例えば、相手が50過ぎの冴えないおっさんなのに「あなた西島秀俊と同じだねぇ、性別が」といった軽口を叩いたり、初対面の女性だというのに「久しぶりだね、お嬢さん、とりあえず手を握り締めましょうか」とセクハラ無縁のすけべ挨拶をかわしたりは、『じゅん散歩』でもきっと変わらないのだ。ぶれずにテキトーな散歩をしてくれるのだ。

関連記事

トピックス