• TOP
  • 芸能
  • 3年ぶりアルバムのリュ・シウォン 「日本語歌うほうが楽」

芸能

2015.09.30 07:00  女性セブン

3年ぶりアルバムのリュ・シウォン 「日本語歌うほうが楽」

3年ぶりのアルバムを発表したリュ・シウォン

 日本では3年ぶりとなるアルバム『AGAIN』を10月6日にリリースするリュ・シウォン(42才)。日本語の発音もなめらかで完璧だ。

「日本ではもう150曲近く出してますしね(笑い)。日本語の歌を歌う時、ぼく自身もとても楽しいですし、時として韓国語で歌うより日本語で歌うほうが楽なこともあるぐらい。以前楽曲を提供してくれた前田さん(TUBE前田亘輝)が、“ほんとに発音が自然で、外国人が歌ってる感じじゃないみたい”って言ってくださったことがありました(笑い)。

 この3年間いろんなことがあって、大変な時期を過ごしつつ、いろんなことを考えました。本当にいろんなことを考え、学び、感じました。アルバムを出すような余裕もない時期が続きました。でも早く仕事に戻って専念することが、自分にとっても家族にとってもいい。そして子供のためにもなると思ったんです」

 3年ぶりのアルバムは柔らかくて温かい、ミドルテンポのバラード中心。

「アルバムタイトルは『AGAIN』、リード曲は『はじめての笑顔』…ファンの皆さんたちといちばん最初に出会った時の笑顔でまた会いましょう、という気持ちを込めました。重たいバラードではなく、大変だったことは忘れて明るい姿で会いましょう、という作品にしたかったんです」

撮影■木村有軌

※女性セブン2015年10月8日号

関連記事

トピックス