ライフ

橋爪大三郎氏と佐藤優氏 ユダヤ陰謀説を信じる人の特徴分析

 安保法案の成立によって、世界各地の紛争が現実問題として日本人に迫ろうとしている。我々は今後、未知なる世界とどう向き合うべきか。新刊『あぶない一神教』(小学館新書)の共著者である社会学者・橋爪大三郎氏と元外務省主任分析官の佐藤優氏による特別対談をお届けする。2人は「陰謀論」がなぜ発生するのかについて語った。
 
佐藤:インターネット上では同じ考えを持つ人同士が簡単に結びつき、過激な方向に進むことが多い。その典型例といえるのが、外務官僚の出身者がユダヤ陰謀論をもとに書いた反米本です。

橋爪:私も不思議に思っていました。なぜ彼らは根拠のないユダヤ陰謀説を信じて、資本主義やアメリカの問題をすべてユダヤ人に押しつけるのでしょうか?

佐藤:きっと自分のことをユダヤ人じゃないと考えているからでしょうね(笑い)。こういう人たちは都合の悪いことはすべて外部の責任にして処理しようとしています。

橋爪:他者に責任を押しつけるのは簡単です。残念ながらヨーロッパでは反ユダヤ主義は1000年以上の歴史がある。

 ヨーロッパのキリスト教徒たちは生活が豊かにならない責任をユダヤ人に押しつけた。オレたちは真面目に労働して慎ましくやってきていた。でも、金儲け主義のユダヤ人が出てきて、金を貸して利子を取り、株で儲け、ファンドをつくって、あこぎな商売をはじめた。だから、ユダヤ人が悪い、と。

佐藤:凡庸なキリスト教徒が使う論理ですね。

橋爪:そもそもイエス・キリストを神と認めなかったユダヤ人は、キリスト教世界で中傷や迫害を受けました。中世になっても土地を持てなかったユダヤ人たちは、生き残るべく金融業や両替商、質屋などを営むしかなかった。

 ヨーロッパの人たちは隣人であるユダヤ人がどんなふうに歩んできたのか、いわれのない差別を受けてきたか、学んでいる。しかし日本の反ユダヤ主義はそういう文脈から外れたトンチンカンなものに感じます。

佐藤:私は日本の論壇の一部に根強く存在する反ユダヤ主義は深刻な問題と考えているんです。反ユダヤ主義者は、ユダヤ人をコミュニケーション不可能な他者としか見ていません。つまり未知なるものとの対話を拒否しているんですよ。

※週刊ポスト2015年10月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン