• TOP
  • 芸能
  • ドラマ初出演のSBカイくん 茶色のファンデで汚れた犬演出

芸能

2015.10.10 07:00  女性セブン

ドラマ初出演のSBカイくん 茶色のファンデで汚れた犬演出

 13才で家出し、洞窟や川べりなどで43年間暮らしていた加村一馬さん(69才)の実話を描いたドラマ『洞窟おじさん』(NHK BSプレミアム10月1日スタート)が話題だ。

 両親からの虐待、家出、そして始まった洞窟暮らし…。おじさん役を演じるリリー・フランキー(51才)や尾野真千子(33才)ら共演者もその壮絶ストーリーに感嘆の声をあげる。中でも感動的だったのが、少年時代のおじさんを支えた愛犬・シロの存在だった――ちょっと待って。どこかで見たことがある犬…。

「シロを演じているのは、ソフトバンクのCMでお父さん役を演じているカイくんです。実はカイくん、『洞窟おじさん』がドラマ初出演なんです」(ドラマ関係者)

 ドラマでは野山を走り回ったり、俳優とのかけあいシーンも。撮影が始まった4月上旬、女性セブンはその撮影現場に密着した。

“洞窟暮らし”のリアリティーを出すために、真っ白な毛に茶色のファンデーションを塗られ、いつもとは違う“汚れた犬”のカイくん。「スタート」の声がかかると、おじさんの少年時代を演じる子役の富田海人くん(11才)と一気に洞窟へ走り出す。

「最初は、何度かNGを出していましたが、富田くんの声やトレーナーのおもちゃの音を聞いて、すぐにちゃんと演技ができていました。ふとした時に見せる物憂げな表情が、主人公の心情とリンクしていたのは驚きましたね」(前出・ドラマ関係者)

 カイくんが所属する老舗の大手動物タレント事務所「湘南動物プロダクション」の伊賀紀江社長がカイくんの演技力の秘密を教えてくれた。

「私たちが教えているのは、“立って待て”“座って待て”“伏せて待て”の3つの基本姿勢だけ。あとはカイくんが撮影現場で求められる演技ができるように、トレーナーが導いてあげることが大切なんです」

「洞窟」での体験を経て、“お父さん”は一段と凛々しくなったようだ。

※女性セブン2015年10月22・29日号

関連記事

トピックス