• TOP
  • ライフ
  • 犬がつらいこと 叱ったり叩いたりよりも相手にされないこと

ライフ

2015.11.02 16:00  女性セブン

犬がつらいこと 叱ったり叩いたりよりも相手にされないこと

犬にとってつらいこととは?(Thinkstock/Getty Images)

 一昔前なら、犬は外で飼うのが当たり前とされた。ところが今では約8割の犬が室内で飼われている。そのため、犬には、人と一緒に暮らすためのルールを教えてあげることが大切に。

「15年前ぐらいから犬のしつけ方が変わり始めた」と、家庭犬しつけインストラクター・井原亮さんは話す。

「かつては人間をリーダーとして服従させることが大事とされてきました。しかし近年は、本当に犬の群れにリーダーがいるのかという議論がされ始め、しつけの考え方が変わってきました。犬にルールを教える時も、叱る・叩くなど、威圧的にするのではなく、こうするとほめられると教えてあげることが大切」(井原さん。以下「」内同)

 叱ってばかりいると“人間は怖い”と覚えてしまう。実は、叱ったり叩いたりするよりも、相手にされないことの方が犬にはつらいのだ。吠えている時は相手にせず、鳴き止んだら対応してあげよう。

 さらにケージをお仕置き部屋に使うのはよくないと言う。

「怖い場所と覚えさせてはだめ。災害時、ケージに入らないと逃げられなくなります」

 ケージに入ったらおやつをあげるなどし、安全・楽しい場所と教えること。万が一に備えて慣らすことが大切だ。それでは、「犬の本音」を井原さんに3つ教えてもらおう。

●口をつかむのは間違った叱り方

 古いしつけ本にはよく、犬を叱る時に口(マズル)をつかむとよいと書いてあるが、これは間違い。「子犬は母犬の口の中に顔を入れて、母犬が吐き出した離乳食をおねだりしていました。つまり、口をつかむのは愛情あふれる行動。叱って恐怖を与えては、犬を混乱させ、傷つけてしまいます」。

●「ワン」にもいろんな意味があります

 飼い主を見て犬が吠えるのは何かを要求している合図。ご飯ちょうだい、遊ぼうよ、ここから出して、など。

「ワンワンワンと続けて吠えてから、1拍おいて再び吠える時は、粘れば何とかしてくれると思っている可能性が大。ダメなものはダメと、態度でしっかり示さないとおねだり犬になってしまうので注意」

●しっぽは感情のバロメーター。角度や振る速度で見分けて!

「根元からユサユサ揺れているのはうれしい時、小刻みに振っていたり、低い位置で止まっている時は警戒モード。しっぽを振っているからなでてあげようと、安易に手を出すと危険な時も。じっくり観察して」

※女性セブン2015年11月12日号

関連記事

トピックス