ビジネス

コインランドリーが進化中 大容量や洗濯・乾燥一体化など

株式会社ユーゴーが運営する「ランドリー専科蘇我店」

 1960年代に銭湯の横につくられたのが始まりの、昔ながらのコインランドリーが進化している。九州6県と広島県、山口県にコインランドリー店を展開し、現在253店舗をかまえる宮崎県生まれのWASHハウス代表の児玉康孝社長はこう話す。

「2011年の新燃岳の噴火後、火山灰の影響で洗濯物が外に干せないという理由から、多くのお客様にご利用いただきました。最近は、花粉やダニのアレルギー対策やPM2.5などの影響で、ご利用されるお客様が増えています」

 リーマン・ショック後の不景気も、利用者の増加を後押ししている。かつてはクリーニング店に依頼していた羽毛布団やこたつ布団、カーテンや絨毯などの洗濯をコインランドリーで済ませようとする人が増え、それに合わせて、コインランドリーも増えたというわけだ。

 株式会社ユーゴーは、北関東を中心にクリーニング店を展開してきたが、数年前からコインランドリーも手がけ始めた。店は24時間営業で、8時から20時まではスタッフが常駐し、定期的に消毒をするという徹底したサービスが特徴。客の9割は女性だと説明するのは社長の本山和彦さん。

「今のコインランドリーの魅力は、なんと言っても容量の大きさ。家族全員の布団カバーやシーツをまとめて洗って乾燥までできる機械もあります」

 年を取ったらもちろんのこと、若い人にとっても、自宅での大物の洗濯は骨の折れる大仕事。ひとり暮らしのお年寄り、老老介護をしている人にとっても、水を吸うと重くなる毛布の洗濯などにコインランドリーが重用されている。

「仮にお子さんと同居している高齢のかたも毛布を洗ってほしいとか、クリーニングに出してほしいとかは言いにくいですよね。だったらここまで車で持ってきて、ご自分で乾燥まで済ませるというかたもいるのです。さらに家庭用の倍近くの容量の洗濯機を揃えているので、家では2、3回に分ける必要があっても、ここでは1回で済みます。洗濯から乾燥まですべて行っても、かかる費用は800~1200円くらいです」(全国コインランドリー連合会会長の柄野康二郎さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン