• TOP
  • 芸能
  • 吉本新喜劇の舞台セット 老若男女が一目でわかるデザインに

芸能

2015.11.15 07:00  週刊ポスト

吉本新喜劇の舞台セット 老若男女が一目でわかるデザインに

吉本新喜劇を裏方として支える舞台スタッフ

 1959年に「吉本ヴァラエティ」として始まった吉本新喜劇は、今年で誕生から56年を迎えた。“聖地”大阪のなんばグランド花月(NGK)では毎週新作が発表されるが、それには表舞台に立つ芸人たちだけでなく、裏方たちの活躍も欠かせない。

 そのひとつが舞台セットの担当者たち。新喜劇の舞台は、子供からお年寄りまで幅広い世代が一目でわかるデザインが鉄則。絵はリアリティを追求するのではなく、アニメのように鮮やかでシンプルな色で見せて、演者が目立つようにしている。

 スタッフは、劇場の営業が終わる21時以降にセットを運び、深夜まで建て込みをして最終仕上げをする。

撮影■久保博司

※週刊ポスト2015年11月20日号

関連記事

トピックス