ライフ

石原裕次郎も苦しんだ大動脈解離 数年すれば救える命増える

 今は治療法が確立されていない病でも、5年後ならなんとかなる──そんな期待を抱かせる、多くの興味深い研究が世界各国で進められている。もっとも期待されているのは、国内で死亡者数の多いがんだが、がん以外の「三大疾病」でも新治療法が登場している。

 脳卒中(脳血管疾患)は脳の血管が詰まる「脳梗塞」と脳の血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」に大別される。

 全体の7割を占める脳梗塞は、意識障害や片方の手足のマヒなどが起こる。血管の詰まり(血栓)が原因で、時間とともにマヒなどが大きくなり、早期の治療開始が極めて重要だ。

 従来は発症から4時間半以内に薬物を注入して血栓を「溶かす」治療にだけ効果があったが、それより治療開始が遅れても間に合う治療法が登場した。くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長が解説する。

「10年に認可された『血栓回収療法』です。血管にカテーテル(細長い管)を入れ、詰まっている血栓を『回収』します。この方法は脳梗塞発症から8時間までは大きな効果が見込めます」

 治療開始が遅れても、命が助かる可能性が上がった。

「今のところ手術を行なえる専門医は少ないが、技術を習得しようとする医師は増えてきている」(同前)

 日本人の死因第2位である心不全(心疾患)。一般的に心筋梗塞を発症後、心臓の機能が低下することで動悸、息切れが起こり、症状が悪化する。大阪大学では心筋梗塞の発症後、特定のタンパク質(ペリオスチン)が心臓の機能を弱め、心不全をもたらす仕組みを解明。

 さらにそのタンパク質の働きを弱める抗体を研究し、ラットの実験で効果を得るまでに至っている。ペリオスチンの働きを弱める薬を開発できれば、心不全の発症を防げる可能性が出てくる。

 古くは石原裕次郎も苦しんだ「大動脈解離」。あまり知られていないが、死に至る可能性が高い病気だ。

 大動脈は心臓から送り出された血液が最初に通る大切な血管で、外膜、中膜、内膜の3層構造になっているが、何らかの原因で最も内側にある内膜に亀裂が生じ、中膜にまで血液が流れこんでしまう。発症すると激痛に襲われ、最悪の場合は大量出血で亡くなる。

 この病気には、従来の治療法の欠点を補う高性能な「医療器具」が開発された。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。

「従来、血管の内側に人工血管を挿入する治療法があったが、亀裂部分を完全には塞げなかった。しかし、2015年10月に発売された高性能の人工血管は、亀裂を完全に塞げるようになった。普及には数年かかると思いますが、救える命は増えるでしょう」

※週刊ポスト2016年1月1・8日号

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン