• TOP
  • 国内
  • 勝谷誠彦「うつは恥ずかしい」と思わせる社会は間違っている

国内

2016.01.13 07:00  NEWSポストセブン

勝谷誠彦「うつは恥ずかしい」と思わせる社会は間違っている

 コラムニスト・勝谷誠彦氏とネットニュース編集者・中川淳一郎氏が、お酒を飲みながら時事問題について自由に語り合うトーク番組『勝谷誠彦×中川淳一郎ヘロヘロ時事放談』Vol.8が、ニコニコチャンネル「NEWSポストセブンちゃんねる」で配信されている。2015年12月23日に収録された同番組では、ヘロヘロ忘年会として2015年を総括。そこで勝谷氏は個人的重大ニュースとして、自身のうつ病体験について語った。そのトークの一部を抜粋して紹介する。

 * * *
勝谷:僕の2015年の重大ニュースは、うつ病だな。

中川:そうですね。そこをもう一度お話していただきたいです。まず、『SPA!』でうつ病発症を告白したわけじゃないですか。あれを書くことについて、逡巡はしなかったんですか?

勝谷:いや、うつ病はうつ病なんだから、そう書くだけだったよ。

中川:でも、勝谷さんはそれまでどちらかというと「うつなんてオレには関係ない」っていうスタンスだったわけですよね。それが突然うつになってしまった。

トピックス