• TOP
  • 国内
  • 故笹井芳樹氏の妻 小保方氏手記は「読んでも仕方ない」

国内

2016.02.04 07:00  女性セブン

故笹井芳樹氏の妻 小保方氏手記は「読んでも仕方ない」

波紋を呼ぶその手記の内容とは?

「あれから1年半ですか…。早いものですね。当時は本当に大変でした。悲しみはもちろん、マスコミが1時間おきにきて、ピンポンを鳴らすものですから。今、ようやく落ち着いた生活ができるようになりました」

 冷たい雨がそぼ降る1月29日の正午。神戸市内の自宅で言葉を選びながら話すこの女性は、理化学研究所の元副センター長・笹井芳樹氏(享年52)の妻A子さんである。

 2014年8月の笹井氏の自殺は、日本中を揺るがした『STAP細胞騒動』の中で起きた最悪の悲劇だった。愛する家族の死は、どれだけ時間が経とうとも癒えることはない。絶望の底で長く沈黙を守り続けていたA子さんだが、このたび女性セブンの取材に応じた。

 理由はハッキリしていた。再び“彼女”が表舞台に立ったからだ。女性セブンがA子さんを訪ねた同日、小保方晴子氏(32才)の手記『あの日』(講談社)が発売された。

「ネットで手記の話を知って。驚きました。読む予定ですか? ないです。読みません。研究のことというより、“自分がいかに苦労したか”という内容だというので、読んでも仕方ない」(A子さん)

 初めて語られた妻の肉声には、小保方氏も知らない事実が含まれていた。

《あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、私はこれまでの人生のどの日を選ぶだろうか。一体、いつからやり直せば、この一連の騒動を起こすことがなかったのかを考えると、自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思える》(手記『あの日』より。以下、《》内同)

関連記事

トピックス