ライフ

理論上は永続的発毛が可能になる「17型コラーゲン」に興奮

薄毛の人に朗報?

 日本を代表する薄毛タレントである東国原英夫氏(58)が息を弾ませる。「ハゲ歴30年、すべての治療法をやり尽くした結果がこれです。STAP細胞が出たときは胸が高まったけど、結局は落胆に終わった。しかしいま、僕は生きる希望が出てきました」──。

 東国原氏に大きな希望を抱かせる研究結果を発表したのは、東京医科歯科大学の研究チーム。長年、謎とされてきた「脱毛」のメカニズムを解き明かし、研究成果が米科学誌『サイエンス』に掲載されたのだ。

 そのカギを握るのは、タンパク質の一種である「17型コラーゲン」である。

 通常、人間の毛髪は4~6年で寿命を迎えて抜け落ちる。この時、毛穴の奥の「毛包」という器官にある「毛包幹細胞」が分裂を繰り返し、新しい毛髪となる。ところが加齢による老化で毛包幹細胞の周囲にある「17型コラーゲン」が減少すると、髪の毛の元になる毛包幹細胞が維持できなくなり、新しい毛を作れなくなってしまうのだ。

 この一連の流れが薄毛・脱毛につながることを研究チームは突き止めた。つまり、「17型コラーゲン」の枯渇を抑えられれば、毛髪の再生システムを維持することが可能になり、薄毛・脱毛を防げるのである。

 実際、実験で「17型コラーゲン」が失われないように遺伝子操作した2歳のマウスは、通常のマウスに比べ、1ミリ四方辺りの毛穴の数が1.4倍も多かった。人間の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代に比べて縮小しており、「17型コラーゲン」の量も少なかったという。薄毛治療を行なう親和クリニックの音田正光・総院長も興奮を隠さない。

「世の中には様々な育毛剤がありますが、科学的エビデンスが少ないのです。治療効果が認められているのは、『リアップ(塗り薬)』と『プロペシア(飲み薬)』のみ。リアップは発毛を促進して脱毛の進行を抑え、プロペシアは男性ホルモンの作用を抑えることで抜け毛を抑える。ともに毛髪の現状を維持するための対症療法であり、失われた毛髪を再生することは難しい。

 しかし、今回の17型コラーゲンによる治療法が確立すれば、理論上は永続的な発毛が可能になり、すでに薄毛である人の毛髪を甦らせる可能性が見えてきます」

※週刊ポスト2016年2月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン