• TOP
  • ビジネス
  • 新機能性ヨーグルト ドリンク型容器にし摂取時間帯が変化

ビジネス

2016.03.12 07:00  SAPIO

新機能性ヨーグルト ドリンク型容器にし摂取時間帯が変化

明治市乳営業本部の小沢謙介氏

 ヨーグルト市場の中でシェア4割を占める最大手、明治と聞けば、すぐ思い浮かぶのがあの定番商品。「明治ブルガリアヨーグルト」だろう。だが今、同社でその有名主力商品と同じだけの売り上げを叩き出す一群が存在することをご存じだろうか?

 キーワードは「機能性(プロバイオティクス)」。腸内の善玉菌を増加させ腸を整える機能を持った乳酸菌を配合した「明治プロビオヨーグルト」シリーズだ。作家の山下柚実氏が、ヒットの秘密に迫る。キーワードは「容器変更」「摂取時間シフト」「男性も」だ。

 * * *
「食べてくださっている方のほぼ8割は男性です」

 と同社市乳営業本部ヨーグルトマーケティング部・小沢謙介氏(34)は言った。

「おかげさまで当初計画の2倍以上の売り上げとなり、中高年男性のお客様を中心にしっかり届いたと実感しています」

 同社が保有している乳酸菌は数千種。その中から「PA-3乳酸菌」を発見したのは2006年頃のこと。

「PA-3乳酸菌は当社の保有する数千種類以上の乳酸菌ライブラリーの中から、プリン体に着目して選び抜いた乳酸菌です。菌の発見から9年ほどの時間を経てやっと、商品化することができました」

 プリン体とは細胞の中心核にあり、遺伝子を構成する重要な物質の一つだ。

「プリン体そのものは悪者ではなくて生命活動に必要な物質なんです。しかし過剰に溜まりすぎると尿酸値が高くなり、痛風などの遠因になることが知られています」

 痛風患者数は25年間で約4倍に増え推定100万人。背景に食生活の変化が影響しているとされ、患者の9割以上は男性だ。女性はホルモンの作用で尿酸を溜めこむことが少ないと言われる。

「『PA-3』がプリン体を気にしている方々のサポート役になれたら幸いです」

 ヨーグルト=女性というイメージを打破して、通常のヨーグルトとまったく違う消費のされ方をしている「PA-3」。「プリン体と戦う乳酸菌」のキャッチコピーでターゲット層を絞り込んだ。

関連記事

トピックス