• TOP
  • 国内
  • 秘書暴行疑惑報道の首相補佐官に「LINEゲーム中毒」疑惑

国内

2016.03.15 07:00  週刊ポスト

秘書暴行疑惑報道の首相補佐官に「LINEゲーム中毒」疑惑

「あらいぐま」というアカウント名で名声を轟かす

 甘利明氏、宮崎謙介氏と自民党議員を次々と失脚させてきた『週刊文春』の標的となりながら、いまのところ生き延びた格好の河井克行・衆議院議員。「安倍首相補佐官の暴力とパワハラ」と題した同誌3月10日号の記事は、河井氏の元秘書が過去に受けた暴行事件を実名告発する内容だったが、河井氏は公式HPで〈その大半が悪意に満ちた事実無根、事実誤認〉と反論するなど、ひるむ気配を見せない。

 しかし本誌は、これまでノーマークだった河井氏に注目することで、暴行疑惑とはかけ離れた河井氏の意外な側面を知った。彼の知人が語る。

「河井さんは、ゲームマニアなんですよ。携帯のLINE(コミュニケーションアプリ)で遊べる『LINEバブル』というゲームで、彼はいつもすごい得点をたたき出しています」

 河井氏がハマっている「LINEバブル」は、画面のバブル(泡)を消していくパズルゲームだが、シンプルなのに高得点を稼ぐのが難しいということで、ハマる人が続出しているという。

 その知人を通じて河井氏のLINEバブルの結果を見てみると、衝撃の数字が。なんと彼は、2月29日から3月6日までの1週間の間に、173万8985点もの高得点をたたき出していたのである。といっても、それがどれほどの数字か、多くの人にはわかるまい。ゲームライターの河合桃子氏が解説する。

関連記事

トピックス