• TOP
  • 国内
  • 英語力のお寒い日本「英語教育のあるべき方向性」とは

国内

2016.04.27 07:00  SAPIO

英語力のお寒い日本「英語教育のあるべき方向性」とは

英語教育のあり方が問われる

 アメリカで発売され、話題となっている元「日本叩き」の人物と知られ、クライド・プレストウィッツ氏の書『JAPAN RESTORED(日本復興)』では、2050年の日本の姿が予測され、そこでは「将来、日本人はバイリンガル化する」と日本に対して好意的に分析されている。その予測は現実になるのだろうか。そして英語教育のあるべき方向性はどこにあるのか。

 英語によるコミュニケーション能力を検定するTOEICの国別スコアでは、日本は44か国中35位(2014年)。日本の英語力のお寒い状況はよく知られている。しかし、今世紀半ば、日本人はバイリンガル化していると『日本復興』は述べる。その予測通り、飛躍的に英語力がアップしているのだろうか。

 長年勉強しても英語がモノにならない、その現状に国も重い腰を上げはじめた。東進ハイスクール英語講師で文科省「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員を務めた安河内哲也氏はこう話す。

「2020年度から、『読む』、『聞く』という2技能試験から『話す』、『書く』を含めた4技能の“新センター試験”が実施される。入試内容が変われば、教育現場も文法偏重からコミュニケーション能力としての英語を重視するようになる」

 その結果、現在小学生以下の子供たちの英語能力は改善し、外国人への道案内や日常的な会話に不自由しないという時代は2050年には達成できるかもしれない。

「ただし、将来は日常会話能力はかなり向上している可能性が高いが、バイリンガルとなるとハードルは非常に高い」(安河内氏)

 その上で、安河内氏は英語教育のあるべき方向性をこう説明する。

「英語教育改革の意識は、日本語を母語とした上でのもので、それを度外視したバイリンガル化は目指していません。あくまでもビジネスツールとして使いこなせるレベルを目指せばいいと考えています」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス