国内

塩分の過剰摂取が引き起こす厄介な病気の代表格は胃がん

 2013年、3080万人を死に至らしめた79の死因リスクを米ワシントン大学が分析した結果、“世界一多い死亡の原因は高血圧”であることがわかった。

 現在の日本での死因1位はがんだが、脳卒中が日本人の死因1位だった時代が長く、現在も心疾患や脳疾患などの高血圧系疾患は、日本人の死因の約4分の1を占めるという。欧米では心筋梗塞が多く、どちらも高血圧との因果関係が深い病気だ。

 高血圧がもたらす循環器系の重大疾病について記したが、塩分の過剰摂取が引き起こす厄介な病気がほかにもある。血圧の専門医である渡辺尚彦さんは語る。

「その代表格がズバリ胃がんです。近年では胃がんの要因として高濃度の塩分が胃粘膜を傷め、胃がんを引き起こすことがわかってきています」(渡辺さん)

 また、骨粗しょう症予防のためにも減塩が大事と管理栄養士の弥冨秀江さんは話す。

「閉経期前後から女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少してくると、カルシウムが吸収しにくくなります。さらに塩分の摂りすぎでナトリウム摂取量が増えると、腎臓でのカルシウム再吸収量が少なくなってしまい、尿と一緒にカルシウムが排出され、骨がもろくなってしまうのです」(弥冨さん)

 健康寿命を左右する3大要因のうち、その1つが骨年齢。寝たきりの2大要因が脳卒中と骨折。骨密度は18才を最大に加齢とともに減少。特に閉経後の女性は骨粗しょう症になりやすいだけに、中高年以降に骨折して寝たきりにならないよう、日頃からの減塩を心掛けて。

 他には血管年齢や腸年齢がある。日本では、認知症の原因の3割以上が脳卒中。血管年齢を若く保ち、動脈硬化を予防したい。血液の質と血圧管理が重要だ。

 腸内フローラなどの腸内環境は消化吸収だけでなく免疫にも直結。免疫力低下や便秘を防ぐためにも腸内環境をキープしよう。

※女性セブン2016年6月9・16日号

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン