• TOP
  • 国内
  • パワースポット3か条 空気の循環、風水的NG要素が無いなど

国内

2016.06.04 07:00  女性セブン

パワースポット3か条 空気の循環、風水的NG要素が無いなど

人気波動鑑定士YUJIさんの薦めるパワースポット「池田山公園」

 日本中のいたるところにあるというパワースポット。元気が出ないとき、ツイてないとき、運気を上げに行く人は少なくない。そもそもパワースポットとはどういう場所をいうのだろうか? 人気波動鑑定士YUJIさんが、パワースポットチェックリスト3か条を説明する。

■2つ以上の“気”のエレメントがある

「私は場所の波動を独自の方法で診ているので、一般的な風水とはパワースポットを選ぶ基準がちょっと違うんです。だから法則を一般値化するのはなかなか難しいのですが、コレだけは外せない、というポイントが3つあります。まずは、東洋五行で万物を構成すると言われる『木、火、土、金、水』の2つ以上の気の要素がある場所だということ。

 例えば池や川などは『水』、植栽は『木』などわかりやすいものから、伝統ある土地柄なら『土』、ガラスなら『金』などの分類の仕方があります。大雑把にいうと水は恋愛、火や木はビジネス、風はコミュニケーション全般、金はずばり金運そのものに関係するエレメント。その中から、水と土の要素がある場所なら『恋愛を安定させる気がある』などというように、その場の波動を読んでいきます」

■空気が常に循環している場所

「2つ目に、その2要素以上の良い気が、その空間をきちんと巡っていることが重要です。せっかく良い気が流れても、空気が滞ってしまっては肝心のパワーを受けられませんからね。わかりやすくいうと、ロータリーのように回遊式になっていたり、高低差があるような場所がそれにあたります。

 あとは常に人の流れがあるような活気のある場所もいいですね。人気がある商業施設やホテルなどは、ほとんどその条件に当てはまっているはずです。反対に、なんだか空気が淀んでいるような場所にあるお店などは閑古鳥が鳴いていることが多い。ただこれは立地だけでなく、空間の作り方によって改善できるポイント。だからその場所の図面や写真を見れば、行かなくてもそこに問題があるかどうかはだいたいわかります」

■風水的なNG要素に該当しない

「3つ目は、風水的にNGとされる条件に当てはまっていないこと。残念ながら、いくら構造を工夫しても立地がよくない場所というのも存在します。いくつか項目を上げるとすれば、線路沿いや高圧電線や鉄塔、墓地や病院、火葬場や斎場のそば。あとは道のどんつき(行き止まり)もよくないとされています。これは土地だけでなく、パワースポットとなるような店は、店内のどんつきに席を作っていないのも特徴です。ただし例外もあります。

 例えば今回(写真で)ご紹介している池田山公園(東京都品川区東五反田)は近くに病院がありますが、それすら吹き飛ばしてしまうほどの強いパワーを持つ場所。もともと人間には直感が備わっているので、いい気を持つ場所も本来は自分で感じ取れるはずなんです。それを生かして、ぜひ自分だけのパワースポットを見つけてみてください」

撮影■平野哲郎

※女性セブン2016年6月9・16日号

関連記事

トピックス