芸能

芸能界引退危機の能年玲奈 「menme」の名で個展計画進行

アーティストとして新しい名前も決定

 所属事務所からの独立が囁かれる能年玲奈(22)に、アーティストとしての再始動プランが浮上している。昨年1月、能年は所属事務所であるレプロエンタテインメントに無断で、自身が代表取締役を務める会社を設立したことで、事務所と対立。以後、メディア露出が激減していた。
 
 6月末までのレプロとの契約を更新せず、独立すれば露出が増えると期待するファンも少なくないが、そんな簡単な話ではなさそうだ。

「事務所の“二重契約”とも取られかねない会社設立は、芸能界のタブー。能年が独立したら、テレビやCM、映画業界は前の事務所を気遣い、仕事をオファーしづらい状況になる。事実上の芸能界引退となる恐れもある」(芸能関係者)

 そんな状況を想定してか、能年は、女優と並行して活動する、もうひとつの道も模索しているようだ。

 現在、能年は表舞台からは姿を消しているものの、ブログに自身が描いたイラストやデザインした洋服を頻繁にアップしている。

 これがファンの間では大きな話題を呼んでおり、アーティストとしての新しい名前も決まっているという。能年の現状に詳しい芸能関係者が明かす。

「彼女が描いた絵やデザインした服は、かなりの点数があり、個展や即売会の計画も進んでいます。その際は『menme』と名乗る予定で、すでにサイン入りの試作品は完成済みだと聞いています。能年は本名なので今の名前でも活動は続けられますが、心機一転を狙っての改名かもしれません」

 なんとも“じぇじぇじぇ!”な名前だが、読み方や由来はこの関係者も「わからない」という。

 レプロは能年の新しい芸名について「ノーコメント」というのみ。一方の能年の代理人は、「(レプロとの)契約終了後の話は現段階ではお答えできない」という回答だった。

「能年玲奈」の名前を見る機会が減るのなら残念だ。

※週刊ポスト2016年6月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン