• TOP
  • ビジネス
  • ふるさと納税 肉・魚介・主食の上手な選び方紹介

ビジネス

2016.06.12 16:00  女性セブン

ふるさと納税 肉・魚介・主食の上手な選び方紹介

山形県飯豊町 『米沢牛 すきやき用肉500g』 

 2015年度に全国の自治体が受け入れたふるさと納税寄付額は1300~1400億円。前年比3倍以上だ。最近、テレビや新聞でそのことが報じられ、大きな話題となった。そこで、おすすめのふるさと納税にはどんなものがあるのか? ふるさと納税の名人・金森重樹さんに、家計を助ける肉・魚介・主食の順に聞いた。

【肉】
●宮崎県都城市 『都城美鮮豚 切り落とし大容量5kgセット』(寄付金 1万円~)
 日本ハムグループが生産・処理・加工している。脂身もジューシーで甘みがあり、焼肉や炒め物にも使える。「1万円で5kgは、圧倒的なコスパです」(以下「」内、金森さん)。

●山形県飯豊町 『米沢牛 すきやき用肉500g』 (寄付金 1万円)
 米沢牛の産地のひとつ飯豊町。霜降りが美しくすき焼きにぴったり。「さすが日本三大和牛のひとつ。肉質も柔らかく食べ飽きない。定期的に頼んでます」。

【魚介類】
●三重県紀北町 『伊勢えび(活冷)1~2尾』 (寄付金 1万円)
 漁獲された伊勢えびを活きたまま急速冷凍。「届いた時、まだ動いているくらい鮮度がいい。刺身、みそ汁、炊き込みご飯などいろいろ楽しめて家族全員大喜び」。

●北海道長万部町 『毛がに3ハイ』 (寄付金 1万円)
 名物駅弁「かにめし」で有名な長万部産または道内産の1パイ350g前後の毛がに3ハイ。「初めて食べた時、あまりのおいしさにびっくり。ミソもたっぷり」。

【主食】
「お礼の品に迷ったら、毎日食べる主食としてまずお米! お米は鮮度が命なので、小分けになったものをセレクト。パンやそばは家族構成を考え、食べ切れる量を頼みましょう」

●長野県中野市 『信州なかの 十割そば』 (寄付金 1万円~)
 信州名物、石臼挽きの中野産そば粉を使った乾麺。そば粉100%で保存料などは無添加。「乾麺は賞味期限も長いから安心。ストックすることもできるから便利」。

●山形県南陽市 『特別栽培米コシヒカリ5kg×4袋』 (寄付金 1万円~)
 農薬と化学肥料を通常より5割以上削減した特別栽培米。「一気に20kgではなく、小分けになって送られてくるのがいい。新米の季節は人気が集中するので、今から申し込みを」。

※女性セブン2016年6月23日号

関連記事

トピックス