• TOP
  • ビジネス
  • 2030年に三田・日吉・湘南藤沢をつなぐ「慶應線」が開通か

ビジネス

2016.06.25 07:00  NEWSポストセブン

2030年に三田・日吉・湘南藤沢をつなぐ「慶應線」が開通か

「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」(国土交通省)より

 鉄道路線の話題というと廃止について目が行きがちだが、現在も新たな路線の計画が進んでいる。フリーライターの小川裕夫氏が、神奈川県と慶應義塾生にとって悲願ともいえる新路線計画、通称「慶應線」についてリポートする。

*    * *
 今年4月、国土交通省の諮問機関・交通政策審議会が鉄道整備計画を答申した。同計画は今後の都市鉄道のあり方の方向性を示すもので、答申には24の鉄道整備計画が盛り込まれている。

 プロジェクトリストの最初に記載されたのは、京成電鉄押上駅と京浜急行の泉岳寺駅とを新東京駅(仮称)経由で結ぶ計画案。これが実現すれば、成田空港と羽田空港とのアクセスは飛躍的に向上する。

 鉄道はどのように整備されるのか? どこを通って、どこに駅をつくるのか? そうした鉄道整備は、実のところ綿密な話し合いで決定されている。いくらJRや私鉄が民間事業者だからといって、自分たちの意のままに決めることはできない。あくまで、国の答申を受けたうえで鉄道の整備計画は決定されている。

 整備計画は10~20年に1回出される。今回新たに盛り込まれた計画は、簡単に変更されない。逆に、盛り込まれなかった計画が急に建設されることもない。
 
 プロジェクトリストのラスト24番目に滑り込んだのは、相模鉄道(相鉄)いずみ野線の終点・湘南台駅からJR相模線の倉見駅までの延伸計画だ。神奈川県寒川町に立地する倉見駅は、一日の乗車人員が2000人に満たない。

 利用者は少ないが、倉見駅のすぐ脇を新幹線が走り抜ける。そうした立地特性を踏まえて、寒川町は倉見駅に隣接した場所に新幹線駅を誘致しようとしている。その実現性は低い。しかし、いずみ野線が延伸すれば新幹線駅誘致にも弾みがつく。

 そうした理由から、神奈川県の政財界はいずみ野線の延伸を働きかけてきた。今回、プロジェクトリストに相鉄の延伸計画が盛り込まれたことは、悲願達成に一歩近づいたと言ってもいい。

トピックス