芸能

木村多江、美しすぎる着物姿の裏に市川染五郎の存在

『とと姉ちゃん』での美しすぎる着物姿が話題

 和室に入って、襖を閉めるために畳に膝をつくとき、着物の裾が折れないようにさっと手で押さえる。襖の引手にはかならず両手を添えて、音を立てないようにそっと引く。

 部屋に入って正座する際も、着物の裾に手をはわせ、軽く押さえながら、ゆっくり腰を落とす――さりげない動作だが、和服での立ちい振る舞いは意外に難しい。それを難なく、そして流れるように美しくこなしていると評判なのが、朝ドラ『とと姉ちゃん』(NHK)でヒロイン高畑充希(24才)の母役を演じている木村多江(45才)だ。

『とと姉ちゃん』は目下、絶好調。視聴率は13週連続で20%の大台超え。民放ドラマが軒並み10%を切る中、驚異的な数字を記録している。ドラマの舞台は昭和初期から高度経済成長期。その頃、まだ多くの女性にとって和装が一般的だった。

「夫に早くに先立たれ、3人の娘を育てる賢母という役柄の木村も、ドラマ中では一貫して和服です。着物姿や浴衣姿、未亡人になって仕出し屋で働き始めてからは割烹着姿も多い。いつも手を合わせ、少し内股気味に歩く所作に、品があって美しいのはもちろん、男性視聴者から“未亡人の割烹着姿が妙に色っぽい”とも話題になっています」(ドラマ関係者)

 作中で映える木村の所作は、幼い頃から続けてきた「日本舞踊」に理由があるという。

「木村は生粋のお嬢様育ちで、小中高は都内の名門私立女子校で学んでいます。厳格なお父さんのすすめで、幼少の頃から日舞やバレエなど多くの習い事をやってきたそうです」(芸能関係者)

 木村はかつてバラエティー番組で、日頃から日舞の動作を意識していると明かし、「日本舞踊とかの動きを技術として学んでいるので、こうやってちょっと髪を(結うために)上げる時に、さっとやったりとか…」と言いながら実際にふわりと首元で手をゆらして見せると、共演者から「素敵!」「色っぽい」と歓声が上がっていた。

「木村さんの所作には実は、市川染五郎さん(43才)との関係があるんです」と、歌舞伎関係者が言う。

「木村さんは日舞の中で『松本流』という流派の名取です。名取とは、師匠から“芸名を名乗ってよい”と認められた、技術の高い踊り手のことです。その松本流の家元が市川染五郎さんです」

 木村は染五郎から直接指導されるわけではないが、縁が深いのだという。

「流派の発表会があれば2人はいつも顔を合わせますし、実は、木村さんの娘さんと染五郎さんの息子さんが同じ名門私立小学校に通っているので、“ママ・パパ友”でもあるんです。木村さんは染五郎さんの公演があるときは必ず観劇して楽屋にも顔を出していきますし、さまざまな場で染五郎さんの立ち振る舞いを参考にしているのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)

 高麗屋ゆずりの所作であれば、美しいのもうなずける。

※女性セブン2016年7月21日号

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン