• TOP
  • ビジネス
  • 付箋ブームの理由 書いた手紙をSNSで見せるツールにも

ビジネス

2016.07.10 07:00  NEWSポストセブン

付箋ブームの理由 書いた手紙をSNSで見せるツールにも

キングジム「暮らしのキロク」は発売1年で18万冊の売れ行き

 付箋(ふせん)といえば、ちょっとしたメモ書きを一時的に書籍や手帳、机などに貼りつけておく小さな紙のことを指す。1970年代に米化学メーカー・3M社の開発者が、たまたま粘着力の弱い接着剤を作り出したことから生まれた“副産物”だった。

 その付箋が、時を経て主役級のブームを巻き起こしている──。

『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』(フォレスト出版)、『すべてがうまくいく毎日が楽しくなる魔法のフセン術』(秀和システム)といった付箋の有効活用を紹介した書籍も多く出版されている。

 ビジネス、勉強、スケジュール調整、料理レシピ、お金の管理など、あらゆる用途で見直されているほか、豊富なカラーバリエーション、オシャレな形にアレンジされた付箋の数々は、日本人のみならず外国人にも人気だ。100円均一ショップでは、「自国にはこんなカワイイ付箋は売っていないから」と、外国人が爆買いしているという。

 7月6日~8日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された文具・紙製品の商談展でも、機能性やデザイン性に優れた付箋の新商品が多数出品された。会場を回っていた文具の卸売業者が、「今年は付箋だけを探しにきた」と目を輝かせるほど注目度は高い。

 では、実際にどんな商品が人気で、どういった使われ方をしているのか。

関連記事

トピックス