国内

旧皇族が国を代表する組織のトップを務める理由とは

「旧皇族」竹田家出身の竹田恒泰氏

 東京五輪招致の不正疑惑で揺れる日本オリンピック委員会(JOC)。そのトップとして会見などで目にする機会が増えたのが竹田恆和会長だ。「旧皇族」竹田家の出身である。

 旧皇族が「理事長」「名誉顧問」など国を代表する組織のトップを務めるケースは枚挙に暇がない。恆和氏の兄である恒正氏は昨年、日本ゴルフ協会会長に就任。北白川道久氏は神社本庁の統理を、東久邇信彦氏はプロ・アマ合同の「全日本野球会議」の名誉会長、朝香誠彦氏は日本食文化協会最高顧問を務めている。

 旧皇族とは、敗戦後にGHQ(連合軍総司令部)の命令で皇籍を離脱した11の宮家のこと。彼らがこうした「名誉職」に就任するのはなぜか。神道学者で皇室に詳しい高森明勅氏が解説する。

「JOCや神社本庁など、公共性の高い組織では、民間の営利企業のトップのように“人を押しのけてはい上がってきた人”よりも、公共性や神聖性を体現できる旧皇族関係者がトップに立ったほうが収まりがいい。名誉職は営利企業とは別の論理で選ばれる必要があります」

 竹田会長の息子で『語られなかった皇族たちの真実』(小学館刊)の著者、竹田恒泰氏はこう指摘する。

「JOC会長は組織の責任者で名誉職ではありませんが、オリンピックは元々、欧州の貴族が“平和の祭典”として実現に関与し、いまでも王族や貴族の関わりが深い。父は旧皇族であることに加え、二度の五輪出場経験(馬術)があり、JOCとも関わりが深いために推挙されたのだと思います」

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン