芸能

25年ぶりに芸能活動復帰 小林麻美「最初で最後」伝説

25年ぶりに衝撃の復帰を果たした小林麻美(クウネルHPより)

「もう二度とこんなふうにカメラの前に立つことはないと思っていた」──『クウネル』(マガジンハウス刊)9月号から新連載「伝説のおしゃれミューズ」をスタートさせた小林麻美(62才)は、そんな思いを口にしているという。

 25年ぶりに私たちの目の前に現れた彼女は、167cmという長身に華奢なスタイル、そして柔らかいウエーブのかかった黒髪。あの頃の面影を残しながらも、確かな時間を重ねてきたからであろう、いっそう上品なカッコ良さをまとっていた。

 小林麻美は1970年、文化学院在学中に『ライオン』のCMで芸能界デビュー。その後、モデル、女優、エッセイスト、歌手、詩人、写真家などと、なんでもこなす多才の人だった。当時の彼女を知るスポーツ紙記者が振りかえる。

「きらびやかではないけれど、いつもどこかでキラめいていたという印象の、特別な存在感でしたね。大原麗子が“少し愛して、なが~く愛して”で男性たちのイイ女の代名詞だったのが1970年代後半から1980年代にかけて。その大原さんに代わって新たなイイ女の代名詞になっていったのが小林さんでした」

 ワイドショー関係者が言う。

「1980年代は、“ファッショナブル”という言葉を聞いて10人に8人が小林さんを頭に思い描いていたと思います。それでいて、神経性胃潰瘍で休養したりする時期もあるんですが、華奢なスタイルもあって、思わず支えたくなるような、どこか寂しげで儚げな繊細な雰囲気がありました。私の周りの男たちは、“小林麻美っていいよな”って話題をよくしてましたね」

 1984年に小林の旧友、松任谷由実(62才)が日本語歌詞をつけたカバー曲『雨音はショパンの調べ』が大ヒット。さらにアルバム『CRYPTOGRAPH~愛の暗号』で第26回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。そして1988年、最初で最後の日本武道館コンサートを開催し伝説となった。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン