芸能

25年ぶりに芸能活動復帰 小林麻美「最初で最後」伝説

25年ぶりに衝撃の復帰を果たした小林麻美(クウネルHPより)

「もう二度とこんなふうにカメラの前に立つことはないと思っていた」──『クウネル』(マガジンハウス刊)9月号から新連載「伝説のおしゃれミューズ」をスタートさせた小林麻美(62才)は、そんな思いを口にしているという。

 25年ぶりに私たちの目の前に現れた彼女は、167cmという長身に華奢なスタイル、そして柔らかいウエーブのかかった黒髪。あの頃の面影を残しながらも、確かな時間を重ねてきたからであろう、いっそう上品なカッコ良さをまとっていた。

 小林麻美は1970年、文化学院在学中に『ライオン』のCMで芸能界デビュー。その後、モデル、女優、エッセイスト、歌手、詩人、写真家などと、なんでもこなす多才の人だった。当時の彼女を知るスポーツ紙記者が振りかえる。

「きらびやかではないけれど、いつもどこかでキラめいていたという印象の、特別な存在感でしたね。大原麗子が“少し愛して、なが~く愛して”で男性たちのイイ女の代名詞だったのが1970年代後半から1980年代にかけて。その大原さんに代わって新たなイイ女の代名詞になっていったのが小林さんでした」

 ワイドショー関係者が言う。

「1980年代は、“ファッショナブル”という言葉を聞いて10人に8人が小林さんを頭に思い描いていたと思います。それでいて、神経性胃潰瘍で休養したりする時期もあるんですが、華奢なスタイルもあって、思わず支えたくなるような、どこか寂しげで儚げな繊細な雰囲気がありました。私の周りの男たちは、“小林麻美っていいよな”って話題をよくしてましたね」

 1984年に小林の旧友、松任谷由実(62才)が日本語歌詞をつけたカバー曲『雨音はショパンの調べ』が大ヒット。さらにアルバム『CRYPTOGRAPH~愛の暗号』で第26回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。そして1988年、最初で最後の日本武道館コンサートを開催し伝説となった。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン