スポーツ

杉下茂氏「本物のフォーク投げたのは村田、野茂、佐々木」

フォークの神様が選んだ3人は

 名投手には数々の「決め球」があり、それを投げられてはバットが空を切るしかないといった「魔球」もある。数ある球種の中でも「決め球」のイメージが強いのがフォークボールだ。その「元祖」と呼ばれるのは杉下茂氏(中日ほか、1949~1961年、通算215勝)だが、「フォークを投げるのはあまり好きじゃなかった」という。

「絶体絶命で1点でも取られると負け、という場面で初めて投げるボールだった。僕は巨人の川上(哲治)さんと対戦するのが何より楽しみだったんですが、究極の目標は川上さん相手にストレートで3球三振を取ることだった。ところが、ストレートだけだと何度やっても弾き返される(苦笑)。

 それで天知俊一監督に“フォークを投げろ”と命令されたんです。優勝した1954年だけは、川上さんにフォークを投げて1割台に抑え込みました。僕のフォークは、川上さん専用のボール」

 その杉下氏にフォークの歴代ナンバーワンを聞くと、「日本の球界で“本物のフォーク”を投げていたのは村田兆治(ロッテ、1968~1990年、通算215勝)、野茂英雄(近鉄→ドジャースほか、1990~2008年、日米通算201勝)と佐々木主浩(横浜→マリナーズほか、1990~2005年、日米通算381セーブ)の3人だけ」だという。

「本物のフォークはボールが全く回転しない。すると左右に揺れながら最後はストンと落ちる球になるから、打者にとってより捉えづらいボールになる。今の投手が投げているのはほとんどが握りの浅いスプリットフィンガー・ファストボールといわれるもので、完全な無回転ではないんです」

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン