野茂英雄一覧

【野茂英雄】に関するニュースを集めたページです。

松井秀喜は番記者と良好な関係を構築、野茂英雄は「妻を取材したら選手を辞める」
大谷翔平がメジャーの先輩から学ぶべき“妻の隠し方” 松井秀喜は番記者と良好な関係を構築、野茂英雄は「妻を取材したら選手を辞める」
「絶対に、公の場には出さないから」。かつて、大谷翔平(29才)と同じくメジャーリーグの舞台で活躍した松井秀喜(49才)は、2008年に結婚した際、8才年下の妻にそう誓ったという。「奥さんがスポーツ用品メーカー…
2024.03.11 07:00
女性セブン
野茂と大谷
【ドジャースの「16」から「17」へ】メジャーへの道を拓いた野茂英雄から二刀流の道を拓いた大谷翔平に継承された“夢”
 大谷翔平がドジャースの一員となる29年前──。当時26歳で海を渡った野茂英雄の挑戦は、日本球界との訣別から始まった。「近鉄からの“任意引退”という方法を選んだことで、我々は大バッシングを受けた。それを覆す…
2024.01.30 16:00
週刊ポスト
(Getty Images)
エンゼルス・大谷翔平「FA移籍先の最有力候補」ドジャース戦の見どころをMLB評論家・福島氏が解説
 二刀流メジャーリーガー・大谷翔平(28)が所属するエンゼルスのホーム・ロサンゼルスには、かつて野茂英雄氏が所属したナ・リーグの名門ドジャースも本拠を構える。新書『もっと知りたい! 大谷翔平』を上梓した…
2023.06.21 11:00
NEWSポストセブン
金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人
金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人
 長嶋茂雄や松坂大輔の鮮烈なデビューが印象に残っている人も多いかもしれないが、球史を紐解けば、1年目から大活躍した選手は少なくない。ここでは10人のスター選手たちのルーキーイヤーの卓越した成績を紹介しよ…
2020.04.03 07:00
週刊ポスト
堀内恒夫は1966年にプロ入りした(時事通信フォト)
野茂、堀内、松井、大谷ら 新人時代から大活躍した名選手達
 プロ野球界にはルーキーイヤーから大活躍する選手たちがいる。ここでは野茂英雄、堀内恒夫、松井秀喜ら、7人の選手たちのデビュー当時を振り返ってみよう。◆堀内恒夫(1966年プロ入り) 1年目成績 登板試合:33…
2020.04.01 07:00
週刊ポスト
プロ野球OBが選んだ歴代No.1投手「分かっとる。ワッハハハ」
プロ野球OBが選んだ歴代No.1投手「分かっとる。ワッハハハ」
 プロ野球OBによる「史上最高の選手は誰か」という投票結果をまとめた『プロ野球史上最高の選手は誰だ?』(宝島新書)が話題だ。105人のOBが投手と野手の各5人を選出、1位の選手には5点、2位4点、3位3点、4位2点…
2019.08.09 11:00
週刊ポスト
サッカーU20W杯・決勝トーナメント1回戦(EPA=時事)
日韓スポーツ対決 五輪金メダル数、歴代メジャーリーガー数は
 昨今韓国に関する話題がメディアを騒がせている。韓国には、なにかと日本を意識して、「我が国こそ優れている」と主張したがる側面もあるようだ。そして、文在寅大統領が悲願とする北朝鮮との統一が実現すれば、…
2019.07.28 07:00
週刊ポスト
野茂英雄氏の代理人が今明かす「MLB移籍への作戦A、B、C」
野茂英雄氏の代理人が今明かす「MLB移籍への作戦A、B、C」
 平成の31年間では数多くのアスリートが輝きを放った。そのなかでもひときわ強い光を放ち、人々の記憶に残る選手のひとりに、「トルネード投法」と呼ばれる独特の投法でメジャーリーグのマウンドに立ち、三振の山…
2019.04.22 07:00
週刊ポスト
記者会見に臨んだイチロー(EPA=時事)
イチロー 成功という言葉を嫌い「野球の神様」に愛された男
 メジャー19年目の開幕の地、東京ドームに 「イチロー!イチロー!」の大合唱が、地鳴りのように響き渡った。最後の打球はショートに飛び、1塁を駆け抜けたイチローの現役最後の打席が万雷の拍手の中で終わった。…
2019.03.22 11:00
NEWSポストセブン
平成スポーツ史 若貴ブーム時のパレードでは隣家の塀壊れた
平成スポーツ史 若貴ブーム時のパレードでは隣家の塀壊れた
 1993(平成5)年のJリーグ開幕を機に始まったサッカーブームは、その後の日本代表W杯初出場、日韓共催W杯で一気に定着。代表戦で日本が勝利すると喜び勇んだ若者が街中でハイタッチする様は、今や当たり前の光景…
2019.02.21 07:00
週刊ポスト
本塁打数歴代4位の「ミスター赤ヘル」こと山本浩二もランクインせず(写真:時事通信フォト)
歴代プロ野球選手の人気投票、あの選手が上位に入らない理由
 12月24日、『プロ野球総選挙~レジェンド選手編~』(テレビ朝日系)が放送された。今回は、既に引退した選手のみで一番すごい選手を決めるという企画。球場に訪れていた野球ファンのみならず、プロ野球OBや監督…
2018.12.27 16:00
NEWSポストセブン
江川・KKから根尾・吉田まで…「ドラフト1位指名」53年史
江川・KKから根尾・吉田まで…「ドラフト1位指名」53年史
 4球団競合の末に、中日が大阪桐蔭・根尾昂の交渉権を獲得し、金足農・吉田輝星を日本ハムが外れ1位で指名──ドラフトの歴史に新たなページが刻まれた。その光景は、50年以上にわたる数々のドラマ・内幕を知る“伝説…
2018.10.30 07:00
週刊ポスト
阪神大震災、地下鉄サリン、Win95、野茂…平成7年の出来事
阪神大震災、地下鉄サリン、Win95、野茂…平成7年の出来事
 残り少しとなった平成を振り返るにあたり、重要な1年となったのが平成七年(1995年)だ──。 平成7年1月17日午前5時46分、兵庫・淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生。神戸では震度7の激…
2018.10.01 07:00
女性セブン
日大悪質タックル問題 醜聞にまみれた米名門大の「前例」
日大悪質タックル問題 醜聞にまみれた米名門大の「前例」
 日大アメフト部の悪質タックル問題、2つの会見を経た後も釈然としない思いが残った。立教大学体育会野球部に所属していた過去があり、現在も立教大学非常勤講師として、「スポーツビジネス論~メジャーリーグ1兆…
2018.05.24 07:00
NEWSポストセブン
大谷・羽生など1994年世代 キーワードは“グローバル”
大谷・羽生など1994年世代 キーワードは“グローバル”
 メジャーリーグでも二刀流で活躍する大谷翔平や、五輪2連覇を果たしたフィギュアスケートの羽生結弦など、1994年生まれのアスリートには錚々たる面々が名を連ねている。水泳の萩野公介・瀬戸大也、サッカーの浅野…
2018.04.30 16:00
女性セブン

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン