芸能

パパラッチ役の福山雅治の所作は指示する点ないほど完璧

映画撮影中にはリリー・フランキーと演劇論も

「マジ最悪ですね、この仕事」。吐き捨てるように言う助手席の二階堂ふみ(22才)に向かって、よれよれの革ジャンにボサボサ頭、ひげ面の福山雅治(47才)が週刊誌を投げて言い放つ。

「俺たちのやっている仕事は、ゴキブリかドブネズミ以下なんだよ! でもな、じゃあなんでこういうのを世間のやつらは読みたがるんだ?」

 これは、10月1日公開の映画『SCOOP!』の一コマ。福山が中年パパラッチ役、二階堂が彼と組む新人記者役を演じることで公開前から話題を呼んだ同作は、ふたを開ければ連日満席の大ヒット。

 車中でいがみ合うコンビがいつしかスクープを連発し、最後は日本を震撼させる重大事件に巻き込まれる…というストーリーで、週刊誌副編集長役の吉田羊と福山のラブシーンも必見だ。

 驚かされるのは、あの福山がパパラッチを熱演していること。あるカメラマンが話す。

「福山さんはカメラマン泣かせ。過去超一流のパパラッチたちがその姿を追っかけましたが、いわゆる熱愛写真を撮られたことがない。“日本一撮られない俳優”として知られています。まさかこんな役に挑戦するなんて…」

 実際、ターゲットになった時の福山の“逃げ方”は天才のひと言。

「外出時、家の前に車がないか入念に確認し、1台でも自分の車の後ろについてくる者がいれば、すぐに路肩に止めてしまう。本人も“尾行は絶対に気づきます”と話していますが、事実、誰も彼を追えないんです」(別のカメラマン)

 今作では立場が逆転、自身がパパラッチ役を演じた福山だが、撮影現場では監督も驚く事態が待っていた。

「福山さんはもともとカメラが趣味で、自分の写真展を開くほどの腕前です。今回の役作りのために本物のカメラマンのもとで修業したそうですが、立ち位置からカメラの構え方、シャッターを押すタイミングまで、指示する必要がないほど最初から完璧だったといいます」(映画関係者)

 実際、劇中の週刊誌『SCOOP!』に掲載された写真はほぼ全て福山が撮影したもの。物語中盤、福山の撮った超ド級のスクープ写真を見ながら、二階堂が思わずこう漏らすシーンがある。

「マジ最高ですね、この仕事」

 本誌・女性セブンも負けてられません!

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン