芸能

不倫騒動で仕事激減とにかく明るい安村 このまま消えるのか

最近、めっきり見なくなったとにかく明るい安村

 昨年の今頃は、あんなにテレビに出ていたのに――パンツ一丁のふくよかな体で、リズムにのって全裸に見える様々な際どいポーズを決め、「安心してください、穿いてますよ」と和ませるネタで一躍ブームとなったお笑い芸人・とにかく明るい安村(34才)。昨年にはユーキャン新語・流行語大賞のトップ10を受賞し、テレビで見ない日がないほど人気があったが、このところパッタリと姿を消してしまった。

 その原因のひとつは、不倫騒動と指摘されている。今年3月、『週刊文春』で、都内のビジネスホテルに美女と朝まで宿泊したことが報じられた。本人は不倫を否定したものの、今年は1月のベッキー&川谷絵音に始まり不倫騒動が相次いだだけに、いつも以上にとにかく目立ってしまった。

 お笑い評論家のラリー遠田さんは、不倫騒動の影響について裸芸との関連を挙げる。

「裸芸なので、元々、安村さんに対して抵抗感があった女性も多かったと思います。そこに不倫報道が出たことで、その抵抗感が決定的なものになってしまった。下着一枚というのが情事を連想させて、生々しく感じてしまうのでしょう。あの裸芸を視聴者が笑えなくなってきているのが低迷の大きな要因だと思います」

 安村本人も、「よしもとなので劇場の仕事は毎日出ていますが、テレビの仕事が減った。なんとかやってます」と7月のイベントでコメントしており、厳しい状況にあることは自覚しているよう。ただ、仕事が激減してしまったのはそれだけが理由ではないとラリーさんは言う。

「単純に旬が過ぎたからです。安村さんがブレイクしたのは、昨年の上旬でした。1年も経つと新しい芸人が出てきたりして流行がリセットしてしまうのは、どんな芸人さんも通る試練ですね」

 一時的な騒動の影響ではなく、飽きられてしまったというのは余計に深刻だが…。安村が再びお茶の間に戻ってくることはできるのか。

「次のキャラクター、ネタを見つけるしかないですね。“とにかく明るい安村といえばこれだ”、というものを、もうひとつ作ってもらいたいです。彼はコンビを解散してピンになってから、すぐにあのキャラクターを見つけだして、一気にブレイクしました。ネタ作りのセンスや、お笑いに対する勘の良さがあるわけですから、きっとできるはずです」

 お笑い芸人は、テレビの露出が少ないからと言って仕事をしていないのかというと、そういうわけではない。テレビ以外の仕事でブレイクする人はいくらでもいる。

「ダンディ坂野さんやテツandトモさんなどは、テレビであまり見かけなくても、営業が忙しく、高収入を得ています。一度でも売れて有名になった芸人は、地方などでも喜ばれるので、営業で忙しい人はいくらでもいます。つまり、安村さんは仕事が減ってしまったことで“一発屋”という武器を手に入れた、とも言えるのです」

 次に安村がネタ番組に登場するときには、定番の裸芸だけでなく、新しいキャラクターが見られるかもしれない。ラリーさんもこう期待する。

「どんなネタを作るにせよ、とにかく明るい安村という名前のとおり、今までのようにカラッと明るいキャラクターでいてほしいです。不倫騒動があっても開き直るくらいでいいと思いますよ。世の中を明るくするようなキャラであってほしいです」

 これからが、とにかく正念場だ。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン