芸能

「潔癖王子」石黒英雄が伝授するマル秘お掃除テク

「潔癖王子」で話題の石黒英雄

『ウルトラマンオーブ』(テレビ東京系、毎週土曜9時~)で、主人公のクレナイ ガイを演じる石黒英雄(27才)。子供からの人気は絶大で、先日行われた『ウルトラマンフェスティバル』では、言葉にならない感動をもらったという。

「台風の日だったんで、誰も来ないだろうと思っていたらすごい人が来てくれて。びしょびしょになってでも来てくれた姿を見て、ぼくもまだまだ頑張らないとって思いました」(石黒・以下「」内同)

 こう話す石黒は“潔癖王子”=汚部屋を独自のテクニックできれいにする男として、バラエティー番組『有吉ゼミ』でも活躍中だ。

「幼い頃、男3人兄弟みんな同じ部屋だったんです。なので、ひとりの時間がなくて、大人になったらひとり暮らしをしたいって思ってたんです。それで、ひとり暮らしを始めた2軒目の時に、いい家具をそろえて、その家具を大事にしたかったので、そこからそうじに目覚めました」

 そんな彼のおそうじテクを“石黒ジャパン”と絶大なる信頼をおく、そうじ用品とともに紹介しよう。

◆“ながらそうじ”がいちばん大事!

「部屋全体が汚くなると疲れやすくなってしまうので、常に部屋をきれいにキープするってことが大事です。なので“ながらそうじ”をすることによってキープし続けられるし、そうじに対してもそこまで億劫にならないですよ。部屋がきれいだと、毎日が充実した感じになりますからね」

◆道具をフル活用すれば時短になります

「長い時間続けると疲れるので、時短が重要だと思うから、ぼくは道具をフル活用します。お風呂場の汚れには『ウルトラハードクリーナー』、トイレの黄ばみやサビ、カビなどには『HALT』、排水管のつまりには『ピーピースルー』。これがぼくが今思うベスト用品。これさえあれば時間も短縮できてそうじもはかどります」

◆『カビ取り職人』を使えばレースのカーテンが真っ白に!

「まず手袋をつけて、水に浸してあるレースのカーテンにカビ取りスプレーの『カビ取り職人』を噴きかけて泡立ててください。その後、10分放置したら水でしっかり洗い流し、洗濯機で1回洗えば洗いにくいカーテンも真っ白です」

◆そうじは仕上げが重要です

「特に水回りに水滴が残らないように気をつけています。菌もわきやすいですし、見た目もどんどん悪くなりますからね。なので、水回りの仕上げは『マイクロファイバータオル』でふき取ります。また、そうじ後はアロマに水を足してスプレーで噴きかけて、自分の好きなニオイにするとリラックス効果も!」

撮影■中山雅文

※女性セブン2016年10月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン