芸能

「潔癖王子」石黒英雄が伝授するマル秘お掃除テク

「潔癖王子」で話題の石黒英雄

『ウルトラマンオーブ』(テレビ東京系、毎週土曜9時~)で、主人公のクレナイ ガイを演じる石黒英雄(27才)。子供からの人気は絶大で、先日行われた『ウルトラマンフェスティバル』では、言葉にならない感動をもらったという。

「台風の日だったんで、誰も来ないだろうと思っていたらすごい人が来てくれて。びしょびしょになってでも来てくれた姿を見て、ぼくもまだまだ頑張らないとって思いました」(石黒・以下「」内同)

 こう話す石黒は“潔癖王子”=汚部屋を独自のテクニックできれいにする男として、バラエティー番組『有吉ゼミ』でも活躍中だ。

「幼い頃、男3人兄弟みんな同じ部屋だったんです。なので、ひとりの時間がなくて、大人になったらひとり暮らしをしたいって思ってたんです。それで、ひとり暮らしを始めた2軒目の時に、いい家具をそろえて、その家具を大事にしたかったので、そこからそうじに目覚めました」

 そんな彼のおそうじテクを“石黒ジャパン”と絶大なる信頼をおく、そうじ用品とともに紹介しよう。

◆“ながらそうじ”がいちばん大事!

「部屋全体が汚くなると疲れやすくなってしまうので、常に部屋をきれいにキープするってことが大事です。なので“ながらそうじ”をすることによってキープし続けられるし、そうじに対してもそこまで億劫にならないですよ。部屋がきれいだと、毎日が充実した感じになりますからね」

◆道具をフル活用すれば時短になります

「長い時間続けると疲れるので、時短が重要だと思うから、ぼくは道具をフル活用します。お風呂場の汚れには『ウルトラハードクリーナー』、トイレの黄ばみやサビ、カビなどには『HALT』、排水管のつまりには『ピーピースルー』。これがぼくが今思うベスト用品。これさえあれば時間も短縮できてそうじもはかどります」

◆『カビ取り職人』を使えばレースのカーテンが真っ白に!

「まず手袋をつけて、水に浸してあるレースのカーテンにカビ取りスプレーの『カビ取り職人』を噴きかけて泡立ててください。その後、10分放置したら水でしっかり洗い流し、洗濯機で1回洗えば洗いにくいカーテンも真っ白です」

◆そうじは仕上げが重要です

「特に水回りに水滴が残らないように気をつけています。菌もわきやすいですし、見た目もどんどん悪くなりますからね。なので、水回りの仕上げは『マイクロファイバータオル』でふき取ります。また、そうじ後はアロマに水を足してスプレーで噴きかけて、自分の好きなニオイにするとリラックス効果も!」

撮影■中山雅文

※女性セブン2016年10月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン