国内

チケット転売問題 行けなくなった人のリセール機能が必要

日本はチケット購入のシステムが遅れている?

 日本音楽制作者連盟などの音楽業界4団体が8月23日、嵐やサザンオールスターズ、福山雅治など100組以上のアーティストとFUJI ROCK FESTIVALなど20以上のイベントの賛同を得て、コンサートチケットの高額転売に反対する共同声明をウェブサイトや新聞などで発表した。

 声明では、コンサートのチケットを買い占め、価格を釣り上げて転売する個人や業者により、チケットが本当に欲しいファンの手に渡らないことに強い憤りを感じていると表明。転売サイトで偽造チケットが売られるなどし、犯罪の温床になっていると指摘。また、高額転売によってファンが経済的損失を受け、コンサートを楽しめる回数やグッズ購入の機会が奪われる可能性があるとしている。

 このような声明が出された背景としては、個人間のチケット売買を仲介するウェブサービス『チケットキャンプ』の存在が大きいという。テレビCMなどを打っていたこともあり、安心して利用できるとのイメージがつき、その結果、転売を目的とした“転売屋”がチケットを売りやすい状況となったというのだ。

 今回の声明は、チケットを個人間で売買する二次流通サイトを否定するものではなく、サイトを悪用し、儲けを得ることへの問題提起であるという。チケット高額転売問題に詳しい一般社団法人コンサートプロモーターズ協会総務委員の石川篤さんはこう話す。

「転売屋はもちろん許せませんが、転売目的ではなく、たまたま必要以上にチケットが多く取れた人が、余ったチケットを定価よりも高値で売って利益を得る、という事例が増えています。この声明によってチケットを定価より高値で取引するのはアーティストにとってもファンにとってもよくないことだと認識を改めてもらえればと考えています」

 仕事でコンサートに行けなくなってチケットを譲りたい人や、高いお金を払ってでもよい席でコンサートを楽しみたい人、チケットの販売期間が終了してからコンサートに行きたくなった人などが、二次流通サイトを頼るしかない現状のチケットシステムを変えていく必要がある。

「『チケットキャンプ』などのサイトを利用するユーザーの気持ちは、正直よくわかります。日本は米国などに比べてチケットに関する施策が遅れており、ユーザーの気持ちを汲み取って、よりよいチケット購入のシステムを作るのが急務だと思っています」(石川さん)

 まずはライブに行けなくなってしまった人が、チケットを転売するリセール機能の拡充が必要だ。すでにももいろクローバーZなどのアーティストがファンクラブの会員同士でチケットを定額譲渡するシステムを作ったり、チケットぴあが定額リセールサービスを導入しているが、より多くの人が楽にチケットを再販できる仕組みを整備していく必要がある。

※女性セブン2016年10月27日号

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン