ももいろクローバーZ一覧

【ももいろクローバーZ】に関するニュースを集めたページです。

あああ
新木優子も橋本環奈も…若手女優が「憧れはももクロ」と公言する理由
 7月4日からスタートした日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)でヒロインを務めるのは、モデルで女優の新木優子(27)だ。殺し屋とそのターゲットが恋に落ちるという内容の本作で新木が演じるのは、主人公である“間の悪い殺し屋”男虎柊(中川大志・23)の暗殺のターゲットとなる鳴宮美月。クールビューティーな人気漫画家の彼女は実は大きな秘密を抱えていて――というドラマのキーマンとなる役だ。 現在では数々の人気ドラマでヒロインを演じる新木は、10歳の時に原宿・竹下通りでスカウトされ、現在の事務所に入るも、その後10年は泣かずとばず。だが、2014年に女性ファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルになり、翌年には「ガスト」や「ゼクシィ」のCMモデルに大抜擢。「あのキレイな子は誰?」と話題となった。 これをきっかけに、数々のドラマや映画、CMに出演するようになり、今や「若手ナンバーワンのブレイク女優」と言われる存在となった。 ドラマや映画での役どころからクールビューティーな印象の強い新木だが、私生活では、女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の大ファンとしても知られている。「同じ事務所に所属する新木さんは、中学生の頃にももクロのメンバーたちと一緒にダンスレッスンを受けていたこともあり、先に大ブレイクしたももクロのファンであることを早くから公言していました。2015年にはブログで『ももクロちゃんと共演できるように頑張ります!』と意気込みを語っていました。2018年の10周年ライブでは初日に参戦。『涙が止まらない』と感極まった様子でSNSにメンバーとの写真をアップしていました」(ももクロの古参ファン) ももクロ好きな若手女優は新木だけではない。「1000年に1人の美少女」のキャッチフレーズでデビューし、今ではテレビに映画にとひっぱりだこの女優・橋本環奈(22)も筋金入りの「モノノフ(ももクロの熱狂的なファンのこと)」だ。「橋本さんは『憧れの存在』を聞かれるとかならずももクロを挙げ、中学時代はいつも教室で友人たちとももクロの曲にあわせて踊っていたそうです。振り付けも完璧で、バラエティーではももクロの『みてみて☆こっちっち』の曲の振り付けを芸人にレクチャーしたことも。なかでも、メンバーの百田夏菜子(26)が“推しメン”で、コンサートでは、彼女のイメージカラーである赤のペンライトを振り回す姿が目撃されています」(別の古参ファン) なぜ、若手女優たちがこぞってアイドルグループである「ももクロ」を「憧れの存在」としてあげるのか。芸能評論家の三杉武氏はこう分析する。「ハロプロのアイドルもAKBメンバーも、どんどん『アイドル』を卒業し、女優やタレントに転身していく。そんななか、ももクロは結成から13年たった今でも、“週末ヒロイン”時代と変わらず、アイドルとして全力のパフォーマンスを続けている。そのひたむきさと努力、そして“変わらないところ”が女優たちの心を打つのでしょう」「憧れの存在」としつつも、新木や橋本もアイドルではなく女優の道に進むことを選んだ。「ある意味で、アイドルの“賞味期限”やアイドルを卒業した後、道に迷うかもしれないリスクを女優になった彼女たちも分かっていたのかもしれません。だからこそ、自分たちは進むことを選ばなかったアイドルという道を“極めている”ももクロの姿勢がより眩しく写るのかもしれませんね」(三杉氏)「ももいろクローバーZ」というグループ名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味で名づけられた。若手女優たちにも幸せを運んでいるようだ。
2021.07.11 07:00
NEWSポストセブン
【動画】ももクロ「お弁当は持って帰ります」現場写真8枚
【動画】ももクロ「お弁当は持って帰ります」現場写真8枚
 こちらは『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子さん。2月のある日、メンバー4人が現れたのは音楽番組の終了後に移動車に乗り込む駐車場でした。全員が手にしていたのは現場で出されたお弁当でした。ある番組スタッフによると出されたお弁当を食べる時間がなかったのでお持ち帰りしていたとのこと。用意された弁当に見向きもしないアーティストもたくさんいるそうですがきちんと持ち帰るあたり、庶民派。 スタッフからも好感度が高いそうです!
2020.03.22 07:00
NEWSポストセブン
ももクロ「お弁当は持って帰ります」現場 謙虚さが強み
ももクロ「お弁当は持って帰ります」現場 謙虚さが強み
「いま、会えるアイドル」のキャッチフレーズで2008年に結成した『ももいろクローバーZ』は、いまだに庶民派だ。2月のある日、メンバー4人が現れたのは、音楽番組の終了後に移動車に乗り込む駐車場。全員が手にしていたのは、現場で出されたお弁当だった。 ある番組スタッフは、「出されたお弁当を食べる時間がなかったので、お持ち帰りしていたそうですよ。用意された弁当に見向きもしないアーティストもたくさんいる中、律儀な子たちですよね」と笑顔で語った。彼女たちはトップアイドルにもかかわらず、仕事の現場では驕るような姿勢を見せることなく謙虚に明るくスタッフと接することから、すこぶる評判がいい。 今年で結成12年目、メジャーデビューからは10周年。あるアイドル評論家が言う。「五輪イヤーである今年、彼女たちは聖火ランナーに選ばれています。リーダーの百田夏菜子(25才)は地元・静岡県の選定で、高城れに(26才)と玉井詩織(24才)、佐々木彩夏(23才)は神奈川県の選定。これは息の長い活躍を評価された証しです」 4月18~19日には、彼女たちにとって思い入れの深いライブが計画している。東日本大震災の原発事故で被害を受けた福島県の楢葉町、広野町、浪江町との合同で、Jヴィレッジでのライブ『ももクロ春の一大事2020~笑顔のチカラつなげるオモイ~』を開催予定なのだ。『春の一大事』は地方自治体とコラボし“町おこし”を目指すライブとして彼女たちのライフワークになっている。今年は被災地復興への思いが詰まったイベントになる予定だが、新型コロナウイルスの影響で開催の行方が注視されている。「社会貢献も欠かさず、素朴な素顔も相まって、これだけ良いイメージを長続きさせてきたアイドルグループは稀有です」(前出のアイドル評論家) ある音楽関係者は「ももクロは2014年に旧・国立競技場で女性グループ初の単独コンサートを実現しています。彼女たちのひそかな夢は、いつか新しい国立競技場で再び単独ライブをやることなのです」と話す。新国立競技場のコンサート収容人数は、国内最大級の約8万人といわれる。壮大な夢を胸に秘めつつ、お弁当を手に、謙虚な彼女たちはこれからも歩み続ける。
2020.03.19 16:00
NEWSポストセブン
カメラ小僧の歴史、大ベテランが語る熱狂と進行する草食化
カメラ小僧の歴史、大ベテランが語る熱狂と進行する草食化
 戦後、カメラが普及して個人の趣味の領域に拡大すると共に、そのレンズは「アイドル」へと向けられるようになった。キャンディーズやピンク・レディー、そして1980年デビューの松田聖子を筆頭に始まったアイドルブームは、カメラ好きの若者たちを熱狂させ、「カメラ小僧(カメコ)」へと変貌させた。いまも現役で活躍するカメラ小僧・S氏が当時を振り返る。「僕は1977年に日比谷野音でやったキャンディーズの解散コンサート前夜祭のために、発売されたばかりのビクターの家庭用ビデオカメラを買い、彼女らの“普通の女の子に戻りたい!”というシーンを撮影したんです。当時はどこでも撮影OKというおおらかな時代でしたからね。しかもその時のキャンディーズの写真をアイドル誌が高く買い取ってくれた。僕は“これで生きていける”と確信したんです」 S氏いわく、当時は写真週刊誌などがカメラ小僧の写真を買い取ることや、撮影依頼を行なうケースまであったという。そのためカメラ小僧は、「売り専門」に走る者と、雑誌への投稿・掲載を生き甲斐とした「趣味型」の2タイプに分かれた。アイドルに詳しいライターの北川昌弘氏が解説する。「当時は日本橋三越などのデパートの屋上でアイドルが新曲のお披露目をしていましたが、大抵ミニスカ姿で曲の合間にくるりと回る動きがあった。そこでパンチラを狙って撮影し、投稿する流れができたのです」 前出・S氏は1980年代の“撮影現場”の熱狂ぶりをこう語る。「カメコの命は『情報』と『準備』です。ネットがない時代に確かな情報を得るためには人海戦術が必要だったので、あの手この手を使いました。彼女たちが現場入りする前に到着していましたし、常に“この位置からこう撮れる”という事前のロケハンも欠かさなかった」 しかし2000年代に突入し、カメラ小僧を取り巻く環境は大きく変わった。「収録現場で一般客を押しのけようとする過激なカメコが問題になったんです。アイドルのパンチラ撮影を防ごうとする芸能事務所側の動きもあって、コンサートや番組に撮影規制がかかったため、次第に衰退していきました」(北川氏)◆橋本環奈でカメコの「地位」が向上した カメラ小僧の撮影フィールドは何もステージの上だけに限らない。1990年代に入って多くのカメラ小僧が向かったのは「サーキット」だった。「レースクイーンブームの到来も大きかったですね。毎週末、セクシーな彼女たち目当てにサーキットに通うファンが増えた。アイドルと違って、近くで頻繁に話すことができたのが魅力でした」(前出・S氏) そんなブームも落ち着き、2010年代からは徐々に新たな風潮が広がってきたという。現在30代で大学生の時からカメコとして活動するU氏は言う。「ももいろクローバーZのような地下アイドルが登場したことで、売れる前のタレントを応援する機運が高まってきました。また、2013年に当時はまだ福岡のご当地アイドルだった橋本環奈をカメコが撮影した一枚が“千年に一人の逸材”としてネットで拡散されたことも大きい。いまのカメコは“草食系”なのでパンチラより綺麗な写真を撮りたいんですよ(笑い)」◆取材・文/河合桃子※週刊ポスト2020年2月7日号
2020.01.30 16:00
週刊ポスト
ドラマ、CMなどに引っ張りだこの伊藤沙莉
伊藤沙莉は「指名される女優」、確かな演技力と存在感で飛躍
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は若手の注目女優・伊藤沙莉(25才)について。 * * *「この子のCMばっかり見る気がする」と先日、生ワイドの芸能担当ディレクター氏がしみじみ言っていた。今田美桜のCMである。『Yahoo!検索大賞2018』で「女優部門賞」を受賞。以来、若手女優ではダントツのCM契約社数を誇る彼女は、「2019年~2020年の年末年始TV-CM会社数ランキング」でも首位を獲得している。その数は前年の3社から7社へと倍増しており、綾瀬はるか、有村架純、広瀬すずの「上」をいったのである。 男性だと、「この人ばっかり」と感じるのは賀来賢人だろうか。今田の場合は、『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)、賀来は、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の出演がきっかけとなって大ブレイクして今に至る。そしてCM契約社数の急増は、間違いなく人気者の証明だ。◆CMが増!役者としては演技力に高評価 この文脈でいくと、年末年始、『大東建託』 「いい部屋ネット」“わたしのいい部屋、みつけた”編と、『日本マクドナルド』「大人のクリームパイ」“大人とはなんぞや”編と、いきなり2本もCMが増えた伊藤沙莉(いとう・さいり)の今年の活躍は「見えた」も同然だろう。 実際、1月6日スタートのテレビアニメ『映像研には手を出すな!』(NHK)では主演、1月18日オンエアの『オールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティを務めるという、トレードマークともいうべきハスキーボイスによる“声の出演”が話題になっている。 もともとドラマ演出家には人気が高く、“御指名”を受ける若手女優だった。多くの演出家が「忘れられない」「すごいインパクトだった」と声を揃えるのは、『14ヶ月~妻が子供に還っていく~』(読売テレビ制作・日本テレビ系)での演技。彼女は子役出身なのである。 同じく子役出身で先に売れた松岡茉優とは親友であり、松岡と同じく『GTO』(フジテレビ系)で共演した吉岡里帆とも親しい。その後、NHKの朝ドラ(『あまちゃん』と『あさが来た』)でブレイクした松岡と吉岡には大きく水を開けられることとなった。伊藤も『ひよっこ』に出演していて、お茶の間での知名度を劇的に上げたのだが、松岡や吉岡ほどの大ブレイクには至らなかったのである。 だが、二人とは仲良し。さらに、映画・舞台『幕が上がる』で共演した、ももいろクローバーZの玉井詩織ともプライベートで交流があり、玉井からは「ももくろの隠れメンバー」とも言われている。ちなみに松岡は、大のハロプロファンで有名で、伊藤は、ももクロと親しいということから、彼女たちの“若さ”がわかろう。 だが、芸歴は17年とベテランなのである。今年5月で26才になる伊藤には、当然のことながら“中高生”ではなく、“OL”の役が増えている。 最近作で私が好きだったのは、『獣になれない私たち』(日本テレビ系)と『これは経費で落ちません!』(NHK)だ。顔は薄いし地味なのだが、とにかく存在感抜群。ウチの会社に、こういう社員、いるかも…と多くの人に思わせ、「主演ではないのだけれど、演出家から名指しされる女優」というポジションに、いっきに上り詰めた気がする。◆“知る人ぞ知る女優”から次のステップへ 実は、あの『全裸監督』(Netflix)にも出演。1月16日からは、斎藤工とリリー・フランキーのW主演で、5週連続でオンエアされている深夜ドラマ『ペンション・恋は桃色』(フジテレビ系)にも伊藤沙莉は出演しているのだ。「ゴールデンでは無理」と言われる同作だが、斎藤は「そこにリリーさんがいる、沙莉ちゃんがいるということで『どの球も打てるな』っていう構図だと思いました」と言っている。『全裸監督』と『ペンション~』、伊藤沙莉が、“通好み”な女優であることがよくわかる2本と言えよう。 昨今、しっかりした芝居ができると演出家や視聴者を唸らせているのは、件の松岡茉優や『教場』(フジテレビ系)で魅せた大島優子、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の吉川愛ら、子役出身の女優たち。 伊藤もこの潮流にのっているうえ、「知る人ぞ知る」存在から、「この子、知ってる」から「いいよね」「大好き」と言われる存在になりつつある。 突然増えたCMをはじめ、今年はさらにオファーが増えそうな予感。実兄が、『M-1グランプリ2019』で初めて決勝に進出したお笑いコンビ「オズワルド」の伊藤俊介であることも、お笑い界ではずいぶん前から話題だった。バラエティー専門放送作家の私からすると、妹の沙莉にも“笑い”の才能が間違いなくあることがわかり、トークバラエティにオファーしたくてウズウズしているところだ。 果たして、多くのエンターテインメントのシーンで、やっと伊藤沙莉の時代がやってきた。彼女の顔と名前、覚えておいて損はない。
2020.01.17 07:00
NEWSポストセブン
医師と患者特有の問題がある(写真はイメージです)
精神科医と患者の性的関係が海外で禁じられている背景
 嵐の二宮和也(36)と元フリーアナウンサー、オードリーの若林正恭(41)と20代の看護師、イモトアヤコ(33)と日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ』のプロデューサーなど、2019年秋以降の芸能界は空前の結婚ラッシュが続いた。そのなかで話題を呼んだのが、元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と、25歳年上の A氏(49)との結婚だ。A氏は都内でクリニックを開業する精神科医で、有安がももクロ時代から主治医を務めていたと報じられた。 2019年11月24日に有安がInstagramでA氏との結婚を発表すると、投稿から3時間で1万2000件以上の「いいね」がつく一方、ネットを中心に「素直に祝福できません」「精神科医と患者が結婚してもいいの?」との声が多数寄せられて賛否両論となった。「有安さんのケースはさておき、一般的に精神科の患者が主治医に恋愛感情を抱くことはあるのですが、それから発展して性的関係を持つようになるのは問題です」と指摘するのは、精神科医の片田珠美氏だ。「精神科の患者は、治療中に自分の悩みを真剣に聞いてくれ、何でも相談できて頼りになる主治医に恋愛感情を抱きやすい。これを精神分析の創始者であるフロイトは『転移性恋愛』と名づけて、“気をつけなければいけない”と警告しました。 そもそも精神科を訪れる患者は精神的に弱っているケースが多く、アドバイスをくれる医師を“この人がいないと生きられない”と思い込むほど実際以上に高く評価する傾向があります。これは、フロイトが『ほれこみ』と呼んだ精神状態です」(片田氏) 心身が弱っている患者は悩みを真摯に聞いてくれる主治医に恋心を抱きやすいとの指摘だが、なぜ、転移性恋愛は「気をつけなければいけない」のだろうか。「転移性恋愛が生じると、主治医が患者の愛情欲求を満たさなければ治療が中断することもあります。また、一時的な恋愛関係を結んだとしても、その後で患者が精神的に傷ついたり、主治医に対する怒りや復讐心を持ったりすることもあります。たとえ結婚しても、転移性恋愛は治療関係を通して引き起こされるのであり、必ずしも医師個人の人柄に魅力を感じたわけではないので、結婚生活に幻滅するかもしれません。 様々なリスクがあるからこそ、フロイトは患者とは距離を置き、深みにはまらないことを精神科医に求めました」(片田氏) 精神科だけでなく、内科や外科、産婦人科などの他科でも、症状で不安になった患者が信頼や尊敬、感謝などの気持ちから主治医に好意を抱き、それが恋愛感情に発展するケースがある。例えば2017年に斉藤由貴(53)が横浜でクリニックを経営する50代医師とのW不倫疑惑を報じられた際も、ネットでは「転移性恋愛ではないのか」と議論された。  ただし臨床現場においては、患者が主治医に一方的な好意を抱くだけでなく、恨みや敵意、憎悪といったマイナスの感情を主治医に向けることもある。精神的に不安定な状態になって受診した患者から「好き」と「嫌い」というまったく逆の感情を一方的に向けられるリスクを背負いながら、多くの医師は患者の治療に全力を尽くしている。 他方で精神科の医師には、他科よりも患者との関係に慎重であるべき事情があるという。「患者が医師に恋愛感情を抱きやすいことに加えて、精神科医は脳内の神経伝達物質に作用する向精神薬を用いるからです。もし、下心を持った医師がそれらを大量に処方した結果、患者が処方薬に依存するようになり、“薬が切れたらどうしよう”、“この先生に見捨てられたらどうしよう”などと不安にさいなまれるようになったらどうなるか──医師が患者の心身をコントロールすることもできないわけではありません」(片田氏) 多くの精神科医は医師としての良心を持ち、症状を改善するために患者と真摯に向き合っている。だが精神科の臨床においては、医師が自らの立場を利用して患者を支配する可能性がないわけではない。 それゆえ、欧米では、治療中の精神科医が患者と性的関係を持つことを「犯罪行為」として刑法などで規制したり、医師資格の抹消を含む制裁を加えたりするケースが見られる。例えばドイツの刑法は、「治療を行う関係を濫用して、精神療法が行為者に委ねられている者に対して性的行為を行うなどした者」は、「三月以上五年以下の自由刑」と定める。 だが日本には明確なルールが存在しない。多くの精神科医が所属する日本精神神経学会は「精神科医師の倫理綱領」で、〈精神科医師は、専門的技能および地位の乱用を行ってはならず、精神を病む人びとからのいかなる搾取も行ってはならない〉とするが、罰則規定は設けられていない。 2019年11月には、通院先の鹿児島県内の精神科医から性的搾取を受けたことを原因として自殺したという女性(当時27)の遺族らが都内で会見を開き、医師と患者が性的関係を持つことを法律で禁止するよう求めた。遺族らは、主治医だった精神科医が不適切な投薬や懲罰的な断薬を繰り返して女性を支配していたと主張している。 もちろん、知り合ったのは精神科医と患者としてであっても、治療終了後に恋愛・結婚へと発展するケースもあるだろう。本人たちが望んだ生活を送るならば、出会ったきっかけにこだわる必要はない。ただ一方で、精神科医と患者の関係は構造的に様々な問題をはらみやすいので、個々の医師の倫理観のみに委ねるのではなく、明確な規則を定めるべきではないかとの声も聞こえる。「海外では法律などで規制されていること自体、裏を返せば、この問題がいかに根深いかを物語っています。まずは日本でも、精神科医と患者には転移性恋愛が起こり得ることを多くの人に知ってほしいですね」(片田氏)●取材・文/池田道大(フリーライター)
2019.12.29 16:00
NEWSポストセブン
1994年に何が起こったのか(新しい地図の3人)
自由闊達に生きる元アイドル、メディア・広告で重用の理由
 かつては、手の届かない存在で清廉なイメージが強かったアイドル。ここ最近、そうしたアイドル像が変化してきていることがメディア関係者の間でしきりに話題にのぼっている。来たる2020年、令和の時代のアイドル像はいかに変化するか? 業界関係者が語り合った。【会参加者4名】広告会社社員(30代・男性)=以下「広告」WEBメディア編集者(40代・男性)=以下「WEB」雑誌編集者(30代・女性)=以下「雑誌」フリーライター(20代・男性)=以下「ライター」WEB:元々アイドルって「アイドルはうんこしない」と言われたように、恋愛もしない、とにかくかわいらしい存在としての立ち位置が求められていました。だからこそ、古くは高部知子がニャンニャン写真騒動で大バッシングを受けましたし、AKBグループの「恋愛禁止」みたいな規律もある。広告:今、我々の間でキャスティングをするにあたって、「元アイドル」が重要な存在になっています。理由は、「自由な姿」のアイコンになっている面があるからです。元AKBの川栄李奈や前田敦子、元ももいろクローバーZの早見あかりなんかはその最たるものでしょう。あとは「新しい地図」(稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛)もそうです。広告って「新しい道を歩こう」的なメッセージを打ち出すことが多いので、アイドルをやめてその後俳優なりミュージシャンなりの活動をする人々の評価が高まっていると思います。雑誌:確かにアイドルはアイドルでいる間は「偶像」的な立ち位置であるかもしれませんが、辞めてしまえばその後は自由奔放に活躍しているイメージがありますよね。赤西仁や錦戸亮なんて「億万長者」なんて報じられたりもしますから。ライター:それまでアイドルグループにいた人が一人になった場合、「私がサポートしなければ」と積極的にファンクラブに入ったりライブに行くなどして、結果的にファンがより濃厚に応援してくれるとそれが多額の収入に繋がっていくのかもしれません。WEB:あとはファンのありようも変わってきた感じがしますよね。東洋経済オンラインに『日本でファンによる「応援広告」が急増したワケ』という記事がありしましたが、元々芸能人をPRする広告って、事務所がお金を払って駅貼りポスターやデジタルサイネージの枠を確保していましたが、最近はファン同士が連携し、お金を出し合って「応援広告」を制作し、世に出す、ということが増えているということを書いた記事です。広告:SMAPの解散以後、その流れは進んでいるような気がしますね。「集合体としてのアイドル」というパーソナリティ以上に、「一人の男性」「一人の女性」という見方をするようになっている。冒頭の「アイドルはうんこしない」論はもはや存在しないし、NGT48の一連の騒動にしても、ファンとメンバーの繋がりがあったことなども白日の下に晒された。嵐・二宮和也の結婚発表に傷ついたファンも多いとは思いますが、「アイドルだって結婚はするよね……」的な空気は熱烈過ぎるファン以外ではもう醸成されているのです。雑誌:とはいっても、アイドルを「一人の個人」として見て、その人格も含めて応援する、という流れというのはモーニング娘。の頃からすでにできていたような気がします。辻希美なんて、今や日本最強クラスの芸能人ブロガーになり、最近ではYouTubeチャンネルまで開設し、活躍の場を広げています。WEB:モーニング娘。の元メンバーもそれぞれ藤本美貴や保田圭のように「ママタレ」になったり、中澤裕子のように「地元密着タレント」になったりする。あとはヤンキースの田中将大と結婚した里田まいは過去の「おバカキャラ」から完全脱却し、夫の健康管理のことも考える「良妻賢母」的なポジションを獲得しました。雑誌:「個」が確立されたとはいうものの、矢口真里や後藤真希の不倫騒動やら、吉澤ひとみの飲酒運転なんかもありましたね……。ライター:アイドルであってもミスは犯すし、「一人の人間」であることを示した面もあるといえるでしょう。WEB:ちょっと話は変わりますが、先日も香取慎吾のインタビューで、「新しい地図」の3人で「やりたいこと」を話し合ったものはすべて叶った、という記事がありましたが、こういうのを見るアイドルグループのメンバーはどう思うんですか? あれは企画した編集者的には「いいコメントGET!」のようなものだとは思います。でも、広告的には「グループとして起用したかったのに……」みたいなものはあるのでは?広告:まぁ、そこはその時代時代に合わせて最適な人をキャスティングするのが広告のあり様なわけで、アイドル像が変われば我々もそこに合わせるだけでしょう。雑誌:そういった意味で大きいのは2020年末をもって迎える嵐の活動休止でしょう。後進は次々と育っているものの、やはり「国民的アイドル」といった存在はいなくなってしまう。2021年はその流れを受け、アイドルグループのメンバーであろうとも自由に恋愛を謳歌したり、毒舌キャラになる人が出てくるかもしれない。刺青を見せつけるような人も出るかもしれない。ライター:それはそれでアイドルの新しい姿ということで、けっこう面白そうですけどね(笑)
2019.12.25 16:00
NEWSポストセブン
アイドルのツアーグッズ価格を徹底比較、金額の差はどこから?
アイドルのツアーグッズ価格を徹底比較、金額の差はどこから?
 アイドルのコンサート会場付近でよく見かける長蛇の列。その先にあるのは、グッズ売り場だ。多くの人気アイドルグループが、コンサートツアーをする度に様々なグッズを作り、それを求めるファンが朝早くから並んでいるというわけ。アイドル事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏がその実態を説明する。「グループやコンサート会場によってルールは様々ですが、コンサートが始まる数時間前から会場外の売り場でグッズを販売することが多いです。キャパシティーの大きな会場では開場までの時間内に買えない人も多いということで、前日に同じ会場や別会場でグッズ販売のみを行うケースもあります。 グッズの種類は、こちらもグループによっていろいろなのですが、定番はTシャツ、マフラータオル、うちわ、パンフレット、ペンライトなど。あと、最近多いのは『アクリルスタンド』や『フィギュアスタンドキーホルダー』などと呼ばれる、アクリル板にメンバーの写真がプリントしてあるグッズです」 こういったグッズは、どれくらいの価格で販売されているのだろうか。グループごとにその価格を調査した。◆ジャニーズの各グッズの価格はほぼ同じ まずは、ジャニーズ事務所のアイドル。ジャニーズ事務所の公式サイトを見ると、各グループのツアースケジュールとともにグッズも紹介されている。その中から、嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPのグッズ価格をピックアップする(以下全て税込み)。・嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20』グッズの価格(一部)パンフレット:2200円ジャンボうちわ:600円「5×20」ライト:2500円Tシャツ:2800円バスタオル:3500円・関ジャニ∞『関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE』グッズの価格(一部)うちわ:600円パーカー:4800円マフラータオル:1800円ご当地deエイト(アクリルスタンド5体セット):2500円・Hey! Say! JUMP『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE』グッズの価格(一部)パンフレット:2200円ジャンボうちわ:600円オリジナルペンライト:1600円パーカー:4500円スポーツタオル:1800円 ジャニーズのアイドルの場合、グループが違っても、各グッズの価格はほぼ同じとなっており、パンフレット2200円、うちわ600円、マフラータオル1800円などといった価格設定となっている。◆女性アイドルはジャニーズよりもちょっと高め? 続いて、女性アイドルの場合はどうだろうか。乃木坂46、AKB48、モーニング娘。’19、ももいろクローバーZ、TWICEのグッズ価格を調査した。・乃木坂46『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』グッズの価格(一部)Tシャツ3000円マフラータオル(グループ全体):1850円マフラータオル(メンバー個人):2350円スティックライト neo 11colors:3100円個別うちわ:1100円・AKB48『AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~』グッズの価格(一部)Tシャツ:3100円BIGうちわ(メンバー個別):850円フェイスタオル:2100円アクリルバッジ(メンバー個別):1050円バルーンキーホルダー(メンバー個別):1250円・モーニング娘。’19『モーニング娘。’19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~』グッズの価格(一部)ビジュアルブック:2500円Tシャツ:3000円マフラータオル:2500円オリジナルペンライト:3900円パーカー:5500円・ももいろクローバーZ『ももいろクリスマス2019 ~冬空のミラーボール~』グッズの価格(一部)パンフレット:3000円Tシャツ:4200円マフラータオル:2000円オリジナルペンライト:3500円・TWICE『TWICR WORLD TOUR 2019 IN JANAP』のグッズの価格(一部)パンフレット:3000円Tシャツ:3600円(キッズサイズ3300円)パーカー:6800円マウラータオル:2000円うちわ:600円 女性アイドルのグッズは、パンフレットが3000円程度、Tシャツが3000円前後、マフラータオルは2000?2500円といった価格帯となっている。ジャニーズの場合はパンフレット2200円、マフラータオルは1800円なので、女性アイドルの方が少々高めだといえそうだ。◆個別マフラータオルの価格が高くなるワケ おおまかな“相場”はあるものの、グループによって価格が微妙に異なるアイドルのグッズ。どういった理由があるのだろうか。前出の大塚氏が解説する。「まず、Tシャツについてはプリントの柄や生地、どういったインクで印刷しているかなど、ディテールの違いで価格も変わってきます。メンバーがこだわってデザインしたTシャツもありますね。 ペンライトについては、機能の部分で値段が変わってきます。出せる光の数も違うし、遠隔操作できるものなどもあります。また本体部分の形が特別仕様になっていることもあって、そういうものは当然高くなる。ただ単に書いてあるグループの名前が違うだけのグッズではないので、それぞれ価格も変わってくるということです。 また、面白いのは乃木坂46のマフラータオルの価格。ツアーのタイトルが入ったマフラータオルより、各メンバーの名前が大きく入った個別マフラータオルの方が500円高くなっています。現場では個別マフラータオルの方が人気のようで、そのタオルを首に巻いたり振ったりして、“推しメン”であることをアピールするグッズになっていますね。メンバー全員分の個別マフラータオルがあるので、何十種類も販売されていることになります。種類が多いと1種類あたりの製造数も少なくなり、製造費の単価は高くなってしまうので、その分グループ全体のマフラータオルより高くなっているのではないでしょうか」◆サイズも単価も異なる生写真 また、生写真の価格や販売方法についても、各グループで特色があるという。「たとえば、ジャニーズのグループの場合、生写真はL判で1枚160円で、数枚のセットで販売されることが多いですね。また、乃木坂46とAKB48グループの場合はL判の写真がランダムに5種類入って1100円で販売されています。ももクロもL判5枚ランダムセットで1000円という販売方法が多いです。 一方、モーニング娘。などのハロー!プロジェクトでは、ツアーグッズで販売される多くの生写真がL判の倍の大きさとなる2L判で、1枚あたりの単価は250円。2枚組500円のセットで販売されることが多いです。またそれとは別に、ランダムのL判生写真が1枚500円でも販売されていて、こちらはスリーブと呼ばれる専用ミニホルダーが付いています」(大塚氏) 微妙ではあるが、価格の差があるアイドルのグッズ。それぞれのグループのファンは“得している”“損している”という感覚はあるのだろうか。「アイドルファンたちは、なんとなく“あっちの運営はグッズが安い。こっちは高い”みたいな感覚は持っていると思います。でも、ファンにとって、グッズを“買って集めること”自体が大きな楽しみ。“とにかくグッズはできるだけ買う”といった気持ちで、1回の会計で2万~3万円分のグッズを買うようなファンも少なくない。正直なところ、価格はあまり気にしていないのかもしれません。“多少高くても買ってしまう”というのがアイドルファン心理なので、よっぽど相場をかけ離れた額ではない限り、多くのファンは許容すると思います」(大塚氏) 価格を忘れるほどにファンに喜びを与えるアイドルのグッズ。アイドルファンにとっては本当に重要な存在だと言えそうだ。
2019.12.22 15:00
マネーポストWEB
時速500キロの「超電導リニア」に感動しきり
ももクロ・百田夏菜子が明かす「リニア開業でやりたい!」こと
「ももクロとしての目標が増えました。“リニア全駅ツアー”をやりたいです!」 そう語ったのはアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のリーダーで、女優としても活躍中の百田夏菜子さん(25)。JR東海の山梨リニア実験線を訪れ、「超電導リニア」の体験乗車を終えた際に発した一言だ。 乗車前のレクチャーでは、最高時速500キロで走るリニア中央新幹線について、2027年に品川~名古屋間が開業して最速40分で結ばれることや、沿線の神奈川、山梨、長野、岐阜に新駅が作られる予定であること、その後に大阪まで延伸すると品川~大阪間が最速67分になることなどが説明された。「すごい!」「早くできないかな~」「早く乗りたい!」──レクチャーが終わり、ワクワクする気持ちを抑えきれない様子の百田さん。搭乗口に立ち、いよいよリニアの車内へと足を踏み入れる瞬間。後ろの取材スタッフを振り返り、こう笑顔で語った。「未来への一歩、踏み出したいと思います!」「私、いま飛んでいます!」 百田さんは客室内へ。シートに着いたところで第一印象を聞くと、「とてもスマートですね。座った感じは、いつもの新幹線に近いです」。車内アナウンスが流れ、発車時刻となった。超電導リニアは、走り始めはタイヤで走行し、時速150キロ程度まで加速するとタイヤを収納して浮き、さらに加速していく。タイヤが収納された瞬間、気付きましたか?「浮いて、静かになりました。私、いま飛んでいます!(時速300キロを超えて)もう新幹線よりも速いのに、そんなに速く走っていると感じないくらいスムーズ。でも、窓から外を見るとめちゃくちゃ速いです。 え! もう時速500キロですか? 乗り心地は新幹線と変わらなくて、安定していますね。カーブも登り坂も、言われるまで気が付かなかったです」 その後、減速して時速400キロ、300キロと速度を落としていく。500キロに比べたらすごく遅くなったように感じるが、それでも新幹線より速いスピードだ。「スピード感覚が麻痺しています(笑)。トンネルから出たところで見える甲府盆地の景色はとても綺麗ですね。こんなふうに乗ることができるってことは、本当にリニアの完成が近付いているということですよね」 山梨リニア実験線は総延長42.8キロに及ぶ。リニア中央新幹線の開業後も利用されることになっており、全線の約7分の1は建設されていることになる。着々と完成に近付いているリニア中央新幹線だが、研究開発がスタートしたのは、東海道新幹線の開業より2年前、1962年なのだ。「研究開発が始まったのは東海道新幹線が走る前なんですか? そんなに前から始まっていたとはビックリです! 当時は、今よりずっと未来が見えなかったはずだと思います。それにもかかわらずコツコツと研究を続ける時間は、考えただけで大変だと思います。未来が見えない中、実験を諦めることなく続けてくれたことに、本当に感謝したいです。未来を想像することって大事なんだな、と実感しました」「モノノフのみんなにも伝えたい」「もっと乗っていたい!」と名残り惜しそうにしながら体験乗車を終えた百田さんと打ち合わせルームに戻り、あらためて感想を聞いた。「“リニアが本当に走る時代”が来たということを体験させてもらい、『夢が現実になる瞬間』を味わうことができました。そんな機会は、私が自分の夢を追っているときでも滅多にないことです。気を緩めたら涙が出そうになるほど、実は感動していました。 リニアは本当に速かったです。速すぎて、今までウトウトしていた移動時間がなくなり、仕事がはかどりすぎて困るかも……(笑)。でも、すごく効率的に日常を楽しむことができるので、1日をもっと充実させられそう。スケジュールの組み方も変わってきますね。もし開業したら、1日で2県、3県でのライブができそうですよね。午前中は山梨でライブをして、その後に長野、岐阜でもライブをしても夜は東京に帰れますよ(笑)。 そうだ、日本で最初に、リニアを使ってライブツアーをやりたい! 帰ったら、ももクロのメンバーに『グループの目標が増えました。“リニア全駅ツアー”をやります』と報告したいです(笑)。絶対、みんなもこの案に乗ってくれると思うし、楽しみにしてくれると思います。 そして、そんなライブができるかもしれないよ、とモノノフ(ももクロのファンを指す言葉)のみんなにも伝えたいです」 百田さんがリーダーを務めるももクロは、「いま、会えるアイドル」をキャッチフレーズに2009年にデビューして以来、国内外でのライブ活動に力を入れてきた。これまでに全国47都道府県ツアーや、「ももクロ春の一大事」と題して地方自治体とコラボしたライブイベントなどを実現。都市間を高速で繋ぐことにより、face to faceのコミュニケーションを加速させる可能性をもつリニア中央新幹線は、全国のモノノフたちと「直接会うこと」を大事にしてきたグループのコンセプトに通じるものがあるという。「コミュニケーションの手段は色々ありますが、ライブでファンのみんなと直接会うことは、ほかと比べて全然違うんです。みんなの反応を生で見られる喜びは大きくて、会える機会は特別なので、これからも大事にしていきたい。 47都道府県ツアーは2年がかりでした。そこで実感したのは、いざ巡ろうと思うと『日本は大きい』ということ。知らない場所もたくさんありました。リニアが開業して、もっと手軽に日本中に行けるようになったらいいな、と思います。ライブに来たくても来られていなかったモノノフの皆さんにも、ぜひ遊びに来てもらいたいです」「また静岡から通えるようになれたら」 実は、乗車前、百田さんはJR東海のリニア中央新幹線サイトに掲載されている動画「リニア中央新幹線と日本の未来」の【静岡編】を視聴していた。 動画はリニア開業後の日本が舞台で、【静岡編】の主人公は東京から地元・静岡にUターンした男性会社員。リニア全線開業により「のぞみ」の役割がリニアに移ることで、東海道新幹線のひかりやこだまの本数が増え、新幹線通勤がしやすくなり、仕事はもちろん、家族とのプライベートも豊かに過ごせるようになった──そんな近未来の世界が描かれている。*百田さんが視聴した動画は、本稿末尾で視聴可能 リニア中央新幹線の開業が日本にもたらす変化は、品川と名古屋・大阪方面が“近くなる”だけではない。大阪までの全線開業後には、現在の東名阪等を速く結ぶ使命をもつ「のぞみ」中心のダイヤから「ひかり」「こだま」の増発余地が増え、静岡や浜松など現在の「ひかり」「こだま」停車駅の利便性が大きく向上することになるのだ。 百田さん自身、芸能界デビューしてから何年もの間、仕事や高校通学のために、実家のある静岡県から東京まで毎日のように新幹線を利用していた。「当時はひかりの始発と終電に乗るために、毎日のように走っていました。1本乗り遅れると大変だから、『もっとひかりの本数があったらいいのに』と思うことも多かったんです(笑)。プライベートで友達と遊んでいる時でも、『そろそろ新幹線の時間だから、先に帰るね』って言ったり。リニアが開業したらひかりやこだまが増えてもっと便利になるなんて、夢みたいです」 直近ではラグビーワールドカップ2019日本大会で静岡の開催都市特別サポーターを務めるなど、百田さんと地元・静岡のつながりは今も深い。「理想は、静岡の実家に住んで、そこから仕事に通うことです」と百田さんは言う。「私、地元が大好きなんです。リニアが完成したらまた静岡に住めるかもしれないですね!私の周りにも、東京や大阪などの大都市に出ないと自分のやりたいことができないから、という理由で地元を離れる友達がたくさんいました。それが“通い”でできるようになったら、みんなが居たい場所にいて好きなことがもっとできるようになって、すごくいいと思います。私の周りで静岡に再び住む友人は絶対にいると思います! 家族一緒に居られる時間が長くなるし、自分のふるさとに居ながら仕事ができたら、こんなに幸せなことはありません。 開業に向けて準備を進めている最中ですが、リニアを作り上げてきた人たちには本当に感謝したいです。開発者や技術者の皆さんが周囲の期待を背負いながら諦めずに頑張ってくれたからこそ、未来が現実となってきたんですね」 リニア車両を降りる際、「未来から現実へ戻りたくないです!」と笑顔で語っていた百田さんの興奮は、しばらく冷めることはなさそうだ。↓百田さんが視聴した動画はこちら ↓さらに詳しい情報はこちら。「リニア開業後の未来」を描いたムービーは他にも公開中!◆JR東海
2019.12.13 16:00
NEWSポストセブン
映画の出だしは好調という
吉永小百合、天海祐希、ムロ、満島、前川、ももクロ勢揃い
 映画『最高の人生の見つけ方』の初日舞台挨拶に出演者の吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、満島ひかり、ももいろクローバーZ、前川清、犬童一心監督が登場した。 家庭のために生きてきた幸枝(吉永)と会社のために生きてきたマ子(天海)。偶然出会った2人は、余命宣告を受けたことが自分たちの唯一の共通点だと知る。2人は主婦業と仕事以外に何もやりたいことがない人生のむなしさに気付き、たまたま手にした12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行する旅に出る──。「死ぬまでにやりたいことリスト」の中には「ももクロのライブに行く」や「スカイダイビングをする」などがあり、これらを次々と実行していく。 舞台挨拶で天海は「色々大変なことはあると思いますが、精一杯頑張って素敵な思い出をたくさん作りいい人生を送りましょう」と観客にエールを送った。撮影/高柳茂
2019.10.22 16:00
NEWSポストセブン
『ももクロ一座特別公演』の様子  ※二次使用不可
「ももクロ一座特別公演」、時代劇研究家が驚いた内容とは?
 ももいろクローバーZの明治座初登場となる『ももクロ一座特別公演』。人気劇団ラッパ屋を率いる劇作家・鈴木聡氏と、数々のヒット映画を手掛けた本広克行氏が作・演出を担当したことでも話題だ。この公演を時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがチェック。「たまげた」というその内容をリポートする。 * * * 明治座で上演中の『ももクロ一座特別公演』。時代劇好きの私としては、第一部の芝居「座長・佐々木彩夏 大江戸娯楽活劇 姫はくノ一」のタイトルを見たからにはじっとしてはいられない。早速、劇場に駆けつけ、初めて見るライブのももクロ世界に接し、ひたすらたまげた。 もちろん、私とて、彼女たちがメジャーデビューまでに苦労を重ね、夢であった紅白歌合戦出場や国立競技場でのライブを実現したこと、ロック界などさまざまなジャンルとの共演やソロでの活動も続けていることは知っている。 では、なぜ、ももクロ明治座初進出公演でたまげたのか。それは、ももクロ独自の世界とともに日本のエンタメの「伝統」を見たからだ。 第一部の芝居は、上州桃亀藩のあや姫(佐々木)が、「あたしよりキラキラしないで」「あたしより目立たないで」などとわがまま放題を言って、奥女中のかな(百田夏菜子)、しお(玉井詩織)、れに(高城れに)らをうんざりさける場面からスタート。その後、奥女中たちが実はくノ一だと知った姫は、自らもくノ一となると宣言し、大暴れすることに…。 時代の「顔」といえるトップアイドル、若手女優が、事件に巻き込まれるお姫様を演じるのは、日本のエンタメ界の「伝統」である。たとえば人気キャラクター『あんみつ姫』は、1950年代には、雪村いづみ(美空ひばり・江利チエミとともに三人娘と呼ばれた人気歌手)が演じ、80年代には小泉今日子が、2008年には、井上真央がこの役を受け継いだ。 現在、『やすらぎの刻』で貫禄を見せる加賀まりこも、1972年には、町奉行大岡越前の娘ながら危険な潜入捜査をする『姫君捕物控』に主演。1986年には、『おニャン子捕物帳 謎の村雨城』で城之内早苗が町娘と姫の二役、1990年には沢口靖子が姫なのに変装の達人という異色作『お江戸捕物日記 照姫七変化』をヒットさせた。 こうした伝統的アイドル姫様に共通するのは、ストーリーにはかなりの無理があること。それでも姫様がチャーミングだから許しちゃいますかという気にさせることである。あや姫は、まさにその路線。 もうひとつ、今回の芝居では、網タイツくノ一の「伝統」も継承された。このイメージを定着させたのは、昭和期の『水戸黄門』に登場したお銀(由美かおる)だが、ももクロメンバーは、色分けくノ一スタイルで元気よく舞台を走り回る。たくさんの敵を相手に、立ち回りの時間が長いことにも正直驚いた。あれだけ動き回って、第二部のライブショーでも元気いっぱいって。どんだけ体力があるのか。ももクロ初心者の私はたまげっぱなしであった。  令和に登場したアイドル姫とくノ一集団。彼女らを応援するため、集まるのがモノノフというのもぴったりし過ぎである。 なお、個人的にはあやの父上で殿様の国広富之、忍者の頭目・黒兵衛の松崎しげる(暗がりで日焼け顔が見えないというお約束シーンも伝統?)の共演は、約40年前の人気ドラマ『噂の刑事 トミーとマツ』の名コンビまさかの復活で面白かった。気弱なトミーがマツの一言でスーパーマンのごとく強くなるドラマの名場面も復活。ここにも「伝統」が。気になる人は、トミーの秘密を調べてから観に行くことをお勧めします!
2019.08.21 07:00
NEWSポストセブン
アイドルのコンサートグッズに毎回数万円かけるファン「メンバーを支えたい」
アイドルのコンサートグッズに毎回数万円かけるファン「メンバーを支えたい」
 アニメ、ゲーム、スポーツ、旅行……様々な趣味がある中で、特にお金がかかると言われているのが、アイドルの応援だ。CDやDVD、コンサートチケットなどにお金をつかうのはもちろんのこと、コンサート会場で販売されているたくさんの“グッズ”を購入するアイドルファンも多い。はたしてアイドルファンはコンサート会場のグッズに、どれくらいお金をかけているのだろうか。 AKB48のファン歴10年の40代の男性Aさんは、AKB48の全国ツアーには必ず1回は足を運ぶという。その場ではTシャツなどのグッズを購入する。「ツアーTシャツと、フェイスタオルは必ず買います。そのほかのランダム生写真などは以前は買っていましたが最近はもう買っていませんね」 AKB48のツアーTシャツは3100円(税込み、以下同)、フェイスタオルは2100円だ。「基本は5000円前後、多くても1万円以内です。チケット代よりは安く収める感じです。Tシャツはコンサート中に1回着て、その後は保管しておくことが多いです」(Aさん) ももいろクローバーZのファンである30代の女性Bさんは、Tシャツやパーカーなどアパレル商品を中心に購入する。「Tシャツは推しメンのものを1着、グループ全体のものを1着、そして推しメンのパーカーを1着という3点は買いますね。あと、パンフレットもほぼ毎回買います」 ももクロの場合、Tシャツは3000円程度、パーカーは6500円程度、パンフレットは3000円程度だという。Bさんは合計で1万5000円ほどのグッズを購入する計算になる。「Tシャツもパーカーも普段着にしています。そもそもあまりファッションにお金をかけないので、その分グッズに使ってしまおうという気持ちもあります」◆グッズは買ってもほぼ放置? 一方、ハロー!プロジェクトのファンだという40代の男性会社員Cさんは、月に2?3回くらいのペースでコンサートに行き、必ずグッズも購入する。「主に購入するのはツアーごとに数本発売されるDVDマガジン。あとは推しメンのTシャツとその日のみ販売される日替わり生写真です。あと、どのメンバーの物が入っているか開けるまでわからない“コレクションピンナップポスター”はよく買います」 Cさんが、モーニング娘。’19のツアーに行った時に買ったグッズは以下の通り。・DVDマガジン 2600円×2・日替わり生写真 500円×2・メンバーTシャツ 3000円・コレクションピンナップポスター 500円×5合計:1万1700円「毎回1万円以上も使うわけではありませんが、平均することこれくらい。多い時は、グッズだけで3万円以上使ってしまうこともあります」(Cさん) そんなCさんだが、購入したグッズは比較的ラフな状態で保存することが多いという。「本当なら、生写真なんかはちゃんと時系列で並べて保管したいところですが、どうも面倒くさくて適当にアルバムに入れています。Tシャツも買ったはいいけど、コンサートの現場でも着ることはなくて、買ったらそのまま保管することが多い。着てしまうのがもったいなく感じてしまうんです。 なんというか、買った時点で満足している気がします。もちろんグッズは欲しいんですが、それよりも“好きなメンバーのグッズを買うことでそのメンバーを支えたい”という願望が強いのかもしれません」(Cさん) どうやら“グッズを買う”という行為自体が、ファンにとってはとても意義深いものとなっているようだ。もちろんグッズを買わなくてもコンサートを楽しむことはできるが、グッズという要素があることで、アイドルのコンサートはより一層楽しいものとなっているのだ。
2019.07.17 15:00
マネーポストWEB
情報解禁!アイドルユニット誕生にファン歓喜
情報解禁!アイドルユニット誕生にファン歓喜
12月18日に女優の土屋太鳳さんが自身のインスタグラムを更新。来春放送される読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜」でももいろクローバーZの百田夏菜子さんと初共演する事を明かしました。https://www.instagram.com/p/Brh4X7glbjR/本作品では土屋さんと百田さんが1970年代を舞台に、歌手になる夢を目指してユニットを結成する女性たちを演じます。土屋さんは同ドラマでのビジュアルを公開し「私は声や歌にコンプレックスがあります、その自分が、多くの人たちを魅了してきた百田夏菜子ちゃんとユニットを組ませていただいて本当にいいのだろうかと、やっぱり・・・思います、思ってしまうんです、本当に凄いことなんですもん、人の前で歌うって」と百田さんとの共演についてコメントを添えています。お揃いのワンピースを着たツーショットに、ファンからは「ドラマ無茶苦茶楽しみにしてますよ!」「アイドルユニットにぴったりですね!」「嬉しい情報解禁ありがとうございます」「待ち受けにしたいです」と反響を呼んでいます。
2018.12.20 04:35
SNSのニュースメディア Insty
リリイベから大規模フェスまで 無銭でこんなにアイドルを楽しめる!
リリイベから大規模フェスまで 無銭でこんなにアイドルを楽しめる!
 アイドルファンというと、グッズやCDを大量に購入したり、コンサートに行くために全国と飛び回ったりと、お金がたくさんかかるというイメージがあるかもしれない。しかし、なかには“無銭”、つまりお金をかけずにアイドルファン活動を楽しんでいるというケースもあるという。「ほぼ毎日のように、アイドルの無料イベントがどこかで開催されているんですよ。暇を見つけては、それに行くのが趣味です」 と話すのは、30代前半の会社員の男性Aさん。アイドルファン歴は6年ほどだ。「きっかけは、ももいろクローバーZです。ももクロから始まって、いろんなアイドルのイベントに行くようになりました」(Aさん) Aさんは、ネットでアイドルのイベント情報を収集し、無料で参加できるイベントだけに足を運んでいるという。「アイドル情報サイトのなかには無料のイベント情報が集約されているものもあって、そこから気になるイベントを探して行っています。基本的にショッピングモールのイベントスペースなどで開催される“リリイベ”が多いです」(Aさん)“リリイベ”=“リリースイベント”とは、CD発売に併せて開催される販促イベントのこと。2~3曲のミニライブとCD購入者向けの握手会が行われることが多い。東京近郊では、池袋のサンシャインシティ噴水広場、ラゾーナ川崎、東京ドームシティのラクーアガーデンステージなどが、リリイベの定番スポットとなっている。「サンシャインの噴水広場などは、2000人くらいが集まることもあって、盛り上がります。女性アイドルだけでなく、先日はDA PUMPのリリイベにも行きました」(Aさん) 無料のリリイベの醍醐味は、知らないアイドルグループを気軽に見られることと、アイドルファン仲間との交流だという。「よく知らないアイドルでもCDで曲を聞くより、実際に生でライブを見たほうが、その魅力がわかりやすい。だから、個人的には、“まず見る”というのがアイドルファンとしてのポリシーで、それには無銭のリリイベが適しているんです。あと、イベント現場に行くとアイドルファン仲間がたくさんいて、いろんな情報を教えてくれたり、余ったCDを分けてくれたりする。アイドルファンはCDの複数枚買いは当たり前で、基本的にみんな自分の“推しグループ”のCDを余分に持っているんです。それをもらうんです」(Aさん)◆ハロプロのアイドル勢揃いの無料イベント リリイベだけでなく、大きなイベントでも無料で参加できるものもある。たとえば、日本最大級のアイドルフェスと呼ばれる『TOKYO IDOL FESTIVAL』、通称『TIF』も無料エリアが多い。アイドル事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「毎年夏にお台場周辺で開催されるTIFですが、10程度あるステージのうち3ステージほどが無料です。なかでも野外ステージの中で一番大きい『SMILE GARDEN』というステージは、一部有料スペースもありますが、基本的に無料。もっともフェスっぽい雰囲気を味わえる野外ステージを無料で楽しめるというのは、珍しいことです。毎年、この無料ステージだけを楽しむために来場するとアイドルファンも少なくないようです」 また、モーニング娘。’18やアンジュルム、Juice=Juiceなどが所属するハロー!プロジェクトのアイドルたちが勢揃いする無料イベントもあるという。「毎年春にパシフィコ横浜や幕張メッセで、ハロプロアイドルが所属するアップフロントグループのタレントが多数出演する『遊ぶ。暮らす。育てる。 SATOYAMA&SATOUMIへ行こう』という無料のイベントが開催されています。このイベントは『里山』や『里海』の暮らしや文化を紹介するという主旨で、様々な企業や自治体がブースを出展しているのですが、そこにハロプロのアイドルたちが売り子として“降臨”し、ファンと交流します。さらに、会場内にはステージもあり、トークショーやミニライブもあります。それらすべてを無料で楽しめる太っ腹なイベントとして、毎回大盛況です」(大塚氏) 同イベントでは、隣接する会場で有料のライブイベントも開催される。「有料のライブは通称『ひなフェス』と呼ばれていて、ハロプロメンバーが総出演する毎年恒例のライブとなっています。『ひなフェス』に行くついでに無料の『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう』を楽しむというファンもいますが、『ひなフェス』には行かず、『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう』こそがメインだというハロプロファンも少なくない。というのも、そっちは撮影OKなんです。ハロプロメンバーを撮影できる機会などほとんどないということで、ファンにとってはかなりレアなイベントとして人気です」(大塚氏) 海外ではライブ中の撮影を許可するケースも増えているが、日本ではまだまだ珍しい。しかし、リリイベなどの無料イベントの場合、スマートフォンでの撮影を許可し、SNSでの拡散を奨励することも増えている。そのような“無料イベントならではの自由さ”という魅力もあるようだ。 意外と“無銭”で楽しめるのがアイドルというもの。一度試しにリリイベに足を運んでみては?
2018.06.24 17:00
マネーポストWEB
AKB48、LDHも参入 アイドル動画配信サービスが増える理由
AKB48、LDHも参入 アイドル動画配信サービスが増える理由
 NetflixやHuluなどの月額制の動画配信サービスが人気となっているが、今度は特定のアーティストに特化した動画配信サービスが注目となっている。 4月24日、AKSとレコチョクは、AKB48のほか、SKE48、NMB48、HKT48,NGT48、STU48らAKB48グループの動画が月額980円(税別)で見放題となるサービス『AKB48グループ映像倉庫』をスタートさせた。過去にソフト化されたコンサートや劇場公演などの映像作品のほか、AKB48グループが出演するテレビ番組、ドキュメンタリー映画、動画配信サービス「SHOWROOM」で配信された過去のアーカイブ映像などを視聴することができる。サービス開始時で約1000本、時間にして約7万分の映像が配信されており、今後コンテンツはどんどん追加されていくという。アイドルコンテンツに詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「現時点ではすべての映像作品が入っているわけではありませんが、最終的にすべての映像作品がアーカイブされることとなれば、AKB48ファンにとっては最高のサービスとなるでしょう。月額980円という価格設定はNetflixやHuluと同程度。ライブDVDは4000円から5000円くらいなので、月に1枚買うより安いと考えれば、ファンにとってはリーズナブルなのではないでしょうか」 ファンの間でも話題となっている『AKB48グループ映像倉庫』。AKB48ファン歴7年の30代男性はこう話す。「時間を忘れて、過去のライブ映像などを見てしまいます。AKB48グループの場合、ただでさえグループも多いうえ、リリースも多いので、追うのは大変。でも『映像倉庫』にアーカイブしてくれれば、気になった時に探して観ることができる。DVDを買う必要もなくなるので、個人的には節約にもなると思います」◆『LDH TV』はオリジナル番組が大きなセールスポイント AKB48グループ以外でも、EXILEや三代目J Soul BrothersなどのEXILE TRIBEを擁する芸能事務所LDHも『LDH TV』という“自前”の動画配信サービスを運営している。こちらはLDHのファンクラブ会員向けで月額1080円(税込み)、2018年1月1日に開局した。「LDHのアーティストが出演するオリジナル番組を配信しているほか、別途課金コンテンツとしてライブの生配信なども行っています。さらに、EXILE TRIBEのメンバーたちが過去に出演したドラマや映画も配信しています。オリジナル番組はほぼ毎日配信しており、生電話企画などもあって、ファンにはとても貴重なコンテンツとなっていると思います」(大塚氏)『AKB48グループ映像倉庫』がアーカイブに力を入れている一方で、『LDH TV』はオリジナル番組が大きなセールスポイントとなっているようだ。 また、ももいろクローバーZや私立恵比寿中学、超特急、DISH//などが所属する芸能事務所スターダストプロモーションも『スターダストチャンネル』という動画配信サービスを行っている。月額400円(税別)で、オリジナル番組やライブ映像を楽しむことができる。「『スターダストチャンネル』もオリジナルコンテンツが多い動画配信サービスです。超特急やDISH//といった男性アイドルグループ集団・EBiDANがメインとなっています。月額400円と価格設定は低く抑えられていますが、動画の本数は約4500本と豊富です」(大塚氏)◆「サービスがないから違法動画を観るしかない」というファンも こういったアーティストや芸能事務所が運営する“自前”の動画配信サービスは今後も増えていきそうだという。「CDやDVDの売り上げが下がり、サブスクリプションサービスの利用者が増えてきているなか、動画コンテンツをネットで楽しみたいというファンも増えています。また、そういったファンの需要が、無料動画サイトにアップされた違法にコピーされた動画に向かっているという現実もある。いわば、しっかりお金を払って動画を楽しみたいという気持ちがあっても、サービス自体がないから、違法動画を観るしかないというケースもあるわけです。そういったよくない流れを食い止めるという意味でも、公式の動画配信サービスというのは有効だと思います。 たとえば、歴史が長いジャニーズやハロー!プロジェクトなどは、自前の動画配信サービスに対する需要も高いし、配信すべき膨大な映像アーカイブも抱えているはずです。今後、ジャニーズ事務所やハロプロが所属するアップフロントプロモーションのような老舗事務所が動画配信サービスを立ち上げていく可能性は十分考えられると思います」(大塚氏) 自前の動画配信サービスがトレンドとなる日も近いかもしれない。
2018.05.10 11:00
マネーポストWEB

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン