芸能

褒めないジャニー氏に「YOU!良かったよ」と言われた逸材

ダンスアーティストとして活躍する木野正人

 今年でデビュー30周年を迎えた元CHA-CHA木野正人(47)。現在は地元・静岡を拠点にダンスアーティストとして活動中だ。10月16日には、静岡県藤枝市の『クリスタル』でライブを行なった。

 1986年に少年隊の『STRIPE BLUE』のバックダンサーを務めていた木野は1988年、CHA-CHAのメンバーとして『Beginning』でデビューを果たす。

 きっかけは、SMAPの元マネージャーとしても知られるI女史からの1本の電話だった。フジテレビで『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)のリハーサル中をしている時、木野の元にI女史から「ジャニーさんが『欽ちゃん(萩本欽一)のオーディションに行って』といっている」と伝えられた。中居正広など周りのジュニアも大勢参加していたが、合格者が出ない。「どうせ受からないだろう」と気楽に参加すると、まさかの合格を果たした。

 1988年4月にスタートした、CHA-CHAのデビュー番組である『欽キラリン530』(日本テレビ系)は、視聴者から電話で身近なニュースを募集していた。木野は、その告知用に“電話番号ダンス”を踊った。萩本欽一のアイディアで、当初はカメラに顔を見せずにダンスし、話題になったら番組に出演させる予定だった。だが、予想を遥かに上回るペースで視聴者から問い合わせが殺到。すぐに番組に出ることに。ライブのMCでは、当時をこう振り返った。

「初日のオンエアが終わると、ジャニーさんから電話が掛かってきて、『YOU!良かったよ』と言われたんですよ。ジャニーさんはほとんど人を褒めないので、すごく嬉しかった」

 同番組に出ていた頃、木野は乃生佳之とともに『BD104』(バックダンサーTOSHI)を組み、田原俊彦の『抱きしめてTONIGHT』のバックダンサーとしても活躍。『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の主題歌だった同曲は、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で年間1位に輝くなど大ヒットした。ダンスはもちろん、木野の名前と顔も視聴者の脳裏に刻まれた。

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン